新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

味噌や担々麺でなくきちんと評価したい中華そば

新津のふじので中華そばを食べました。
680円。
先日、古町の満月で背脂の入った醤油ラーメンを食べたので、満月の兄弟店?か何か関係ありそうなふじのでも食べてみようと思い、中華そばを注文。
メニューは中華そば、味噌、味噌担々麺、つけそば、辛つけそば、新津店限定のやつ。
つけ麺は中盛50円増し、大盛100円増し、特盛150円増しとなっていて、麺の重量も書かれていたのですが、値段と麺の重さに相関がないというか直線に乗りません。普通盛りの量を推定すると中盛と特盛と同じ直線にプロット出来そうですが大盛りだけ割高なのです。大盛りは麺の量だけが増えるわけではないのかもしれません。覚えていたら今度注文してもう少し考えたいところです。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180416131630j:plain


チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、ナルト。
麺はストレートの細めの中太で表面はツルリとして食感は強め。
スープは煮干しが中心で節なのか肉由来なのか旨味が少し強め。油の主張は控えめ。
チャーシューは見た目からもっとホロホロと柔らかいものかと思いましたが食感がしっかりとあります。
満月とは(孔明とも)だいぶ違うような気がしますが、ほとんど関係ないのでしょうか。こちらはこちらで悪くありません。味噌がメインなんだと思いますが、醤油もわかりやすくてそんなに悪くないと思います。むしろ期待以上です。

いっとうやみたいにダブルスープと二種類あるといいのでしょうか。それとも煮干しよりも節ベースが人気の秘訣でしょうか。

なんとなく真似してみてもラーメンにはならない

オープン前に話題になったお店で醤油そばを食べました。
690円。
最初に書きますが、オープンの時はさっさと潰れろと思っていました。私の考え、基準で、やっていい事と悪い事の区別がつかない人だと思ったので。
まだお店があったので食べてみましたが、食べてみた結論としては遅かれ早かれなくなる。
書いちゃダメだなぁと思う時は書かないことにしているのですが、どうせもう長くないだろうという気もしますし、当初の怒りもあり、こき下ろすことにしました。
もうちょっと完成度が高ければころっと別な事を言いそうな気がしますが、全然です。
それは客入りも物語っています。
12時頃に入りましたが客は2人、後から2組。一本気の頃とは大違いで、そういう判断でしょう。
メニューにお勧めとある醤油そばを大盛りで注文。大盛無料、特盛50円です。値段と盛りを見直したと書いた紙があるので、苦戦が伺えます。
客商売をしていると、どうしても値下げで客が欲しくなりますがそれは間違いです。値下げで成功する飲食店はほとんどありません。一時的に客は増えるかもしれませんが、値下げで来る客は続きません。利益率は低くなり客は元に戻りジリ貧です。
値下げするくらいなら値上げして客単価をあげた方がマシです。
私のどうでもいい講釈はともかくラーメン登場。

f:id:pigumii:20180413120646j:plain


ネギ、チャーシュー、メンマ。
麺は細めのストレート。丼は深くスープはたっぷりとしていますが、丼の底の麺は自重でなのかダマになったような感じ。
油は多めで、鶏の匂いが気になります。臭い。
スープは安っぽい家系のような感じで、酸味が気になります。朝は9時から営業しているそうですが、朝から同じスープを使っているせいかもしれません。一口目から違和感みたいなものがあるスープで、これをなんとかしない限りダメです。
スープだけでなくチャーシューも臭いし、それならジャンクな方向にしたらと思いますが、違和感のある酸味はそれでも厳しいでしょう。
チャーシューもネギもメンマも意味がなく、真似てみたというだけ。ラーメンを食べたことがない人が見よう見まねで真似たのでしょう。せめてラーメンを食べてみてから真似て欲しい。
パクっていいと考える人とは感覚が合わないのだと痛感しました。諦めてさっさと閉めた方がいいでしょう。

MAMEYAは前回との違いが楽しみ

MAMEYAでゴマ味噌を食べました。
780円。
いつもは日曜の17時過ぎに行くのですが、年度末で学生も少ないだろうと思い土曜の17時過ぎに行くと予想通りまだ客はいません。お店には悪いですが、客が少ない時にしか入らないのでこの日は成功です。
券売機を見ると本日終了の紙がいくつか張ってあり、カレーかゴマ味噌かで少し悩みゴマ味噌に。
ゴマ味噌の隣にはコーン50円のボタンもありますがスルー。トッピングを追加しなくても具だくさんなのは予想できるから。
食券を渡ししばらく本を読んで待ちます。
年度末に学生は来ないとの予想に反して学生の団体が。年度末だからといって学生の全てが卒業するわけではないし学校に来ることもあるでしょうから予想があたったのではなく運が良かっただけでした。
ということでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180331172252j:plain


モヤシ、挽肉、水菜、ネギ、玉ねぎ、コーン、メンマ。
スープはゴマのザラザラとした感じがありますが、沢山の具が麺に絡むせいか気になりません。また少し辛めで鶏油が少し多め。辛さは強くはありませんが、口にのこる辛味。もうちょっと弱くてもと思いますが、好みでしょう。
麺は中太で食感がしっかりとして、表面はなめらか。混んでいると麺の表面のヌメヌメが残ることがあるので空いている時がおすすめです。
スープのゴマと味噌と鶏油と辛味、具だくさんで麺はしっかりとして、これだけ要素を詰め込んでいるのにちゃんとまとまっています。
いつもはちょっとしょっぱ目なお店ですが、この日はそれほど塩分が強いとは思いませんでした。
MAMEYAは汁が多い汁なしだと思って食べることにしていますが、この日はほぼラーメンでした。塩分もラーメンっぽいし、麺の表面がドロドロとしていません。
いろいろと変えているのでしょう。それでも相変わらず具だくさんで満腹で満足度も高い。MAMEYAはいいところと悪いところがハッキリとしていますが、ネガティブな点は少しずつ改善されているような気がします。
方向は動かさずに良さをどう伸ばすのかを工夫しているように感じていて、食べる楽しみがあります。