新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

今年最初の冷たいラーメンはシークワーサー

東堀来味でつけそばを大盛りで食べました。
750円。
今年最初の冷たいラーメンは東堀来味でした。その前の前の日に白山神社前の有名店で天せいろを食べましたが、蕎麦は年中ざるとかせいろの冷たいのがあるせいか夏っぽくありません。そばもぶっかけみたいなのとか、サラダが載っかったやつとか、夏っぽいのもありますし、天ぷらが夏野菜だったりしますが、その有名店は頑固一徹な感じで夏っぽさがありません。それはそれで悪くないのですが、やっぱり冷やし中華でもと思い、東堀来味へ。
中華のお店できゅうりや錦糸玉子が放射状に飾り付けられた綺麗な冷やし中華でも食べてみようかとも思ったのですが、冷やし中華はそんなに好きではありませんし、冷やし中華の具と味の組み合わせはそれほど合っているようにも思えないし、それよりも冷たいラーメン。
麺や来味、麺や真玄では冷たいラーメンが数種類あると思うので、東堀来味も2つくらいあるかと思いましたが、1つだけでした。お得意のシークワーサーのつけそばです。
なので、それを大盛りで注文。
クソ暑い日で、クソ混んでいたのですが、ほとんど全員が律儀にラーメンを食べていました。ここのラーメンは美味しいのでしょうがない。
ということでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180716114752j:plain

バラ海苔、チャーシュー、メンマ、味玉半分。
麺は他のメニューと共通のもの。数年前からつけ麺などはへぎそばみたいに手振りにしてくれるのでだいぶ食べやすいですが、基本的に麺が長いので難儀します。ただ、麺を長くすることに関しては尊重したい。麺はすすってこそ美味しく食べられます。蕎麦ももっと長くすればいいのに。
つけダレはシークワーサーの酸味と胡椒。胡椒は沈んでいるので混ぜて注ぐ必要があります。
柑橘類の酸味は口の中にこびりつくような食後感がありますが、ここのはそれがありません。シークワーサーだから無いのか、なにか上手いことやっているから無いのか、わかりません。おかげで爽やかな感じだけ残る食後感。
冷たい煮干しに熱々の油を載せたつけ麺、シークワーサーを辛くしたものとかあったらと思います。

ビルも完成度も値段も高い竜胆

メディアシップに出来た竜胆で醤油と醤-すカツ丼のセットを食べました。
1150円。
メディアシップの二階、前は何が入っていたでしょうか。メディアシップが出来た時、最初は市玄の系列だったかと思います。その後、二階も色々変わって向かいのシャモニーは広くなり、市玄だったところには竜胆が入りました。
カウンターが5席くらいにテーブル、小上がり席。
メニューは醤油、塩、中華そば、味噌、つけ麺、冷やし中華もありました。
ランチのセットは醤油、塩、中華そばのいずれかにサイドメニューがついて950円と1150円の二種類。950円の方は玉子かけご飯、気まぐれ丼、そぼろ丼?、1150円の方は五目チャーハン、肉あんかけチャーハン、ソースカツ丼みたいなの、杏仁豆腐など。
醤油とは別の中華そばも気になりますが、醤油とタレカツ丼みたいなセットに。
柳麺竜胆と書いてありますがローマ字ではRAMEN RINDOUという表記。柳麺はラーメンと読むのでしょうか。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180711111400j:plain


チャーシュー、メンマ、ネギ、味玉半分、海苔。
麺は多加水のありがたみの少ないやつ。
スープは出汁よりも醤油の風味を強調していますがバランスがいい。いわゆるメイラード反応に由来している風味が強いのですが、それだけを強調せずに旨みや酸味、甘みが協調しています。
斜めに刻まれたネギに混ざってゆずの皮が入っています。意味もなくただゆずの皮を載せているお店がほとんどですが、こちらはゆずの風味と醤油タレがよく合い、載せる意味があります。スープに足りない所、手薄な所をゆずが補っているような感じ。
チャーシューはモモてますが、パサパサではなく食感は適度なもの。わずかに匂いが残っていますが、気になるほどではありません。
昔食べた竜胆は玉子焼きかなにかに焼き印が押してあった気がしますが、それはありません。以前の竜胆と同じ味なのかはさっぱりわかりません。全く覚えていないので。
たれカツ丼の方は、ヒレカツ3枚の下に刻んだキャベツ、ご飯。味はそういう味です。醤油でもソースでもない、みたいに書かれてありましたがたれかつ味です。衣の感じはとんかつ太郎には敵いませんが悪くはないと思います。
一口ですぐにわかる美味しいって感じじゃないのですが、完成度はここ1年で食べた中では断然トップ。完成度が高い非常によく出来たラーメンです。
麺や丼をもう少し流行りの感じにしたら、有り難がるように思えます。特にソースカツ丼のお皿はよろしくありません。他のサイドメニューと共用するためとだと思いますが、中身はちゃんとしているのに器がこれでは勿体ない。それでも、このセンスの良さは食べる価値があります。

50円でネギを喜ぶことが出来る

中田製作所でラーメンにねぎ、ライスを付けて食べました。
690円+50円+50円
久しぶりに中田製作所に来たら、前の道路の左折レーンがなくなっていました。事故が起きやすいのでしょうか?左折レーンを増やした道路は見たことがありますが減らすのは初めて見たような気がします。
入り口に今日の限定みたいなの(冷たいものだったような気がします)が貼ってありましたがよくわからないし久しぶりなので普通のラーメンにねぎとライスをつけることに。
しょっぱくてご飯が欲しくなるというわけでなく、ここのラーメンとご飯がよく合うとは思わないのですが、ご飯を付けないと物足りないように感じているのか付けたくなります。周りはどう考えているのかわかりませんが、見える限りでは全員ごはんを付けていました。
ラーメンとご飯、どちらも炭水化物ですから一緒に食べるのはヘンテコです。ですがよくある組み合わせ。果たしてあうのか合わないのか。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180629110455j:plain


ネギ、チャーシュー、黒胡椒。
麺はほぼストレートの細い中太麺。特別にスープに合うわけでもありませんが、もっと合うものが何か思いつくのかというと、ありません。もっと下品なジャンクな麺でもいいかもしれませんが、それはそれで食べたら違うような気がします。
スープは見た目よりも塩分は強くなく、十分にしょっぱいですがそれよりも醤油らしい酸味が効いています。その酸味を黒胡椒が支えています。出汁はさらにその下を支えている感じ。
ネギは50円の追加ですがたっぷり。どのくらいかというと、麺を一度するる度にレンゲいっぱいにネギをすくって食べたら、麺がなくなるのとほぼ同じくらいに沢山です。玉ねぎと比べると長ネギは季節によって値段の差が激しいと思いますが、こんなに入っていると高い時は大変でしょう。
あらかた麺を食べ終えてからご飯に手をつけましたが、やっぱりご飯は特に合うような感じはしません。ご飯はご飯だなぁという感じ。ただ、なかったら物足りないと感じたでしょう。量ではなくて。