新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

「そばうどん」という安直で何もひねりがない屋号は退路を断ったのかもしれない

新潟駅前のそばうどんで春菊天そばを食べました。
480円。
新潟駅前のドトールの隣、以前はみゆきの里という名前だったところが改装して「そばうどん」という身も蓋もない店名になりました。
お店の前の花輪には「そばうどん」と書かれ、LINE@がsobaudonみたいな感じだったので「そばうどん」が屋号で間違いないでしょう。うどんそばと間違えやすい気がしますが、堂々としているようにも思えます。

券売機は2箇所、道路側とビル内側。メニューは春菊天そば・うどん、ごぼう天うどん・そば、かすうどん、肉つけそば、など。それぞれ東京名物、博多名物、大阪名物、東京名物とあります。新潟名物ではないと思いますが、のっぺそばというのもあります。

全体的に以前よりも単価が高くなった印象はありますが、300円のかけそばもあります。トッピングも色々ありますが、春菊天、ごぼう天、油かすなどはトッピングにありません。
以前はカップ酒とおつまみが沢山ありましたが、日本酒は1つか2つになったようです。おつまみも絞られました。吉野家のちょい飲みもメニューが少なくなったような気がするので、あれもこれもというよりは売れ筋で絞った方がいいのでしょう。選ぶ側も少ない方が未練なくサクッと飲んで帰れそうです。でも、なぜかハムカツだけで3種類あります。

かすうどんは寿司安の向かいにあったかどやで出していましたが、閉店以降、新潟で食べられるお店を知らないので駅前で食べられるのは嬉しいです。
ですが、かすうどんではなく春菊天そばのボタンを。食券を切って半分を戻されるので、そばが出来るまで大事にします。

みゆきの里は当初立ち食い席だけでしたが、段々と椅子が増えました。今回は最初から椅子もテーブルも沢山あります。都内の駅構内にある立ち食いそばですら椅子もテーブルもあるところが中心のように感じますので、それでいいのでしょう。
というわけで少しまって蕎麦登場。

 

f:id:pigumii:20171213100121j:plain


ねぎ、わかめ、春菊天。

蕎麦は以前のみゆきの里と同じでしょう。平打のような感じで長方形の断面でツルツルな食感。へぎそばに慣れた新潟県民には少し柔らかい気がしますが、麺は固いほど美味しいという風潮を考えるとこれも主張でしょう。

つゆは少し甘めで、いかにも関東風という感じ。

メインの春菊天は大きく揚げたてなのか衣はサクサクで茎も葉も柔らかく、春菊のほろ苦さだけが引き立ちます。春菊というからには旬は春なんだろうと思って検索してみたら冬から春にかけてが旬ということで、今が旬のようです。言われてみればすき焼きに入れることを考えたら冬が旬なんでしょう。

春菊天、なかなかよかったです。ごぼう天、かすうどんも楽しみです。のっぺそばは楽しみでもありません。新潟名物でやるなら甘エビ(新潟風に言えば南蛮えび)のかき揚げとかするめ天なんかの方がいいんじゃないでしょうか。

550円で大きな唐揚げ5つも載っているのにカレーよりも満足感があるのに

万代のどんぶりブッチャーで白のトリカラ丼を食べました。
550円。
立ち食いの富寿司で食べようかと思ったら結構人がいて(といっても2~3人)どんぶりブッチャーに。カレーの方は券売機にき行列が出来るくらい。一方、こちらは寂し限り。
メニューは以前からあまり変わりませんが、新しい唐揚げ丼にしました。

f:id:pigumii:20171207115958j:plain


白と黒があり、白はハニーガーリックソース、黒は黒酢あんかけと書いてあります。黒のボタンを押した気がしましたが白を押していました。
以前からあるぶたみそ丼、ぽんじり丼など、炙りサーモン丼、炙りしめ鯖丼というのも。丼に250円で追加できる冷麺はほぼ野ざらしのようなここでは寒い気がしますが、食べている人もいました。唐揚げ単品は250円で3つ、持ち帰りも出来るとのこと。
立ち食いそばの揚げ物とは違い、注文の度に揚げているようです。というわけで少し待って丼登場。

f:id:pigumii:20171207115152j:plain


唐揚げ5つにカイワレ、玉ねぎスライス、唐揚げの下にもやしとキャベツ。
唐揚げはかなりのボリューム。衣はカリッとして肉はジューシー。典型的な美味しい唐揚げです。
ハニーガーリックソースは甘辛く、マヨネーズっぽく、ご飯にあうかは疑問がありますが、ただ唐揚げにはよくあいます。ケンタッキーは白いご飯のおかずになるのかどうか議論がありますが、私はおかずになると思います。このハニーガーリックソースは定食のスタイルならおかずになりそうですが、丼だとご飯と唐揚げを繋ぐものになっていないような気がします。
唐揚げを二つは食べないとご飯にアプローチできないので食べ進め方が難しいというか偏ります。その点で牛丼はよくできています。
最後はご飯が余り気味だったので50円の温玉をつけたらよかったかもしれません。孤独のグルメなら間違いなく追加している展開でした。温玉どころか単品の唐揚げ250円もいっていたかもしれません。あとは味噌汁でしょうか。でも味噌汁など汁物はあるのかわかりません。
550円なら十分以上でしょう。黄色いカレーに負けないと思いますが、食べ終わっても黄色いカレーは行列が出来ていました。

まぜそばっぽいものが多いMAMEYAのきちんとしたラーメン

MAMEYAでちゃっちゃそばに玉ねぎをトッピングして食べました。
680円+50円
関屋のウオロクの近くにあるMAMEYAです。近くには猪やと三吉屋もあります。福来亭がなくなり、関屋駅周辺のラーメン屋の語尾はすべて”や”になりました。
”や”は自然ですが、一方で屋号が被ることも多いでしょう。ネットで検索するのが当たり前の昨今では屋号が被るのは避けた方がいいでしょう。
その点、三吉屋と猪やは被ることは少なそうですがMAMEYAは被りそうです。実際、検索してみるといくつか他の飲食店が見つかります。
それでもMAMEYAとした意味が、強い意思があるのでしょう。
というわけで券売機の前で悩みます。
言っちゃいけないかもしれませんが、狭い店内には不釣り合いなほどメニューが豊富です。入れ替わりもあるし、売り切れなのかやっていないものも2~3あります。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20171203173003j:plain


メンマ、チャーシュー、水菜、長ネギ、玉ねぎ、海苔。
麺はおしゃれなラーメン屋に似合いそうな麺と昔ながらのラーメンとの折衷案というような感じで、バランスがとれています。
チャーシューは厚めのバラで食感は悪く言えば特徴がないけれど、良く言えばラーメンを邪魔しません。チャーシューはラーメンに必ずしも必要ないと考えているので、主張の強いチャーシューよりも脇役みたいなチャーシューの方が好きです。
メンマは拘りはなさそうなもので、その点でメンマだけが浮いているように感じます。
玉ねぎのトッピングはもうちょっと欲しいというか、他が具沢山のラーメンなので比べると少なく感じますが、50円ならこんなところでしょう。
スープの上の油が熱々でこのお店の弱点であろうスープの温さをカバーしています。
スープは甘みが強く出汁は鰹節でしょうか。醤油の風味を残しながら蕎麦つゆっぽくなりがちなところを油とのバランスがよく蕎麦風ではなくラーメンになっています。
正直に言ってお勧めはしませんが、面白いラーメン屋であることは間違いありません。