新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

駅前でNegiccoコラボメニューを食べる

新潟駅前のそばうどんでカレー鴨南蛮うどん ハムカツ付きを食べました。
980円。
Negiccoコラボメニューをやっているので入りました。
コラボメニューは三種類あって、豪華に一番高いやつを。
中途半端な時間でもぼちぼち客が入っています。立ち食いそば風の割に出てくるまで時間がかかるのは玉に瑕。
というわけで、うどん登場。
f:id:pigumii:20191127111117j:plain
カレーうどんに鴨肉、ハムカツ。
ハムカツは厚いプレスハム?チョップドハム?
ハムカツはポテトサラダを包んだやつが好きなのですが、このタイプも嫌いじゃありません。
ちなみにカレーうどんはコロッケ付きで680円。なぜか休止中です。
コロッケがハムカツになって鴨肉が載って300円増しは高いかなぁと思いますが、満足感はそれなりにあります。
アゲアゲうどんをそばにかえられないか?ってお客さんがいましたが断られていました。そのくらいかえてくれてもいいような気がしますが、コラボメニューだからでしょうか。

もつ煮うどん680円
残る二つのコラボメニューのアゲアゲうどんを食べようかなぁと思ったのですが、もつ煮うどんというのがあったのでそっちに。
○○謹製みたいなフレーズがありましたが知らない何かなにかなので忘れました。
f:id:pigumii:20191209110256j:plain
麺も出汁も普通のかけうどんにもつ煮とネギが載っかってるってだけですが、冬っぽさがあって悪くありません。
モツはかなり柔らかい。好みはもうちょっと食感を残すタイプですが、好き好きでしょう。
スーパーに売っているみやこやの冷凍もつ煮にうどんを入れるのも美味しいですが、あっさりとしたうどんに載っているのも悪くありません。

なぜかきっと女性に反対されないラーメン

石黒で極にぼを食べました。
800円
弁天橋通りに移転した石黒です。移転前の東区のお店は行っていませんが行きやすくなったので、思い出したついでに。
13時頃に入りましたが、駐車場はほぼ埋まっています。
入って右手に券売機、券売機などは居抜きでそのまま。こあがりと大きなテーブル席、壁際のカウンター席。
店内も混んでいるかと思ったら、半分ちょっと埋まっている感じです。一人客が多い時は店内駐車場がより先に埋まっちゃうのでしょう。
でっかい画面の券売機ですが、基本メニューはトップページに表示されていて、カテゴリー毎のページに入らなくてもいいのでわかりやすい。
店内に入るとメガメが曇って何も見えませんでしたが、それでもなんとかなりました。
初めてなので看板メニューっぽい極にぼに。
券売機をよく見ていない、見えなかったので気がつきませんでしたが平日ランチセットみたいなのもあるようです。テーブル上のメニューに書いてありました。
周りを見るとセットっぽい方はいないようなので、やはりあのタイプの券売機はサイドメニューの取りこぼしが多そうな気が。具体的な数字が見てみたいところです。
というわけでラーメン登場。
f:id:pigumii:20191204131752j:plain
チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、三つ葉、ゆで卵半分。
麺は太麺でつけ麺にありそうな色と太さ。今時のお店には珍しい柔らかめの茹で上がり。
刻み玉ねぎが浮くスープは鶏と煮干し。極にぼという割には鶏の方が強い気が。丼の底には煮干しの欠片が沢山沈んでいました。
正直、どうしてそんなに人気があるお店なのかなぁという印象。
美味しさではなく、ラーメンそのものが他にもありそうだし、このお店という特別感が薄いので。
どうしても一つ挙げるとしたら麺でしょう。女性は太麺が好きな印象があるのですが、太麺のラーメンは案外少なく、女性が食べやすい入りやすいお店になるとさらに少ない。
というわけで、女性から反対されないラーメン店として人気があるのかもしれないと思いました。

しもまちにあるハード系パン屋

みなと街ベーカリーでいちじくとマスカルポーネコッペパン、いちじくとクリームチーズ、5種のドライフルーツを買いました(パンの名前までちゃんとレシートに書いてあって偉い)。
280円、280円、400円。
f:id:pigumii:20191127135817j:plainf:id:pigumii:20191127170540j:plain
いわゆるしもまちにあるおしゃれなパン屋です。
お店の前の通りはなんと呼ぶのか知りませんが、いつの間にか綺麗になっていました。数年前は廃墟みたいな、ただ広いだけの道だったような記憶がありますが。
無印の小屋みたいなお店で、対面式の販売。レジは時々みかけるiPadを使ったものでした。あとでTwitterを見たらSuicaなどにも対応しているそうです。
バスに乗るとみなさんRyutoを使っていますが、交通系ICカード対応のお店でも使えるのでしょうか?よくわからない私はSuicaを使っているのでどうでもいいのですが。
どうでもいい話しが続きますが、お金持ちになったら無印の小屋みたいなのを屋上に建てたいと夢みています。まず、その屋上すら持ち合わせがありません。
13時過ぎですがケースには並んだパンは多数。惣菜系とハード系。食パンは小麦粉の違うものが二つあったような気がします。
再びどうでもいい話しですが、私は天然酵母という言葉が嫌いです。非天然の酵母があるのか!って話しです。いわゆるイースト菌に対して天然酵母と使うことが多いように思えますが、イースト菌は人造生命体ではなく自然が作り出したものです。イースト菌も天然の酵母にかわりありません。
品種改良した小麦の銘柄を誇らしげに書いておいて、あたかもイースト菌は天然ではないと誤解させるような天然酵母という表記は嫌いです。
その点において、このお店は天然酵母という詐欺師が使いそうな言葉を避けているようなので評価したい。
コッペパンはいちじくのジャムとマスカルポーネがたっぷり。最近はどのお店もコッペパンに挟んだものが沢山入っています。シュークリームもそうですが、沢山入っている方が嬉しいけれど、そこまで沢山入れなくてもと思うことも。
いちじくのジャムは裏ごしをしたような、完全に原型のないもの。てっきり割いたドライフィグとチーズを混ぜたものかと思ったので意外でした。
生地は特徴があり、最近多い外側をしっかりと焼き色をつけたもので、かつ粘り気が強い。パンはちぎって食べる派ですが、ちぎりにくいのでそのまま食べました。
美味しいのですが、コッペパンはリトルアンデルセンというリビングレジェンドがいるので選ばなくてもいいかなという気も。
いちじくとクリームチーズ、5種のドライフルーツは恐らく同じ生地。いわゆるハード系。こっちのいちじくはドライフィグ。
見た目通りの味ですが、生地表面の焼き色のついた部分の風味が凄くいい。ご飯ならおこげに相当するでしょうか、パンの醍醐味だと思います。
今回の中では5種のドライフルーツが一番好みです。薄く切ってトーストしてクリームチーズを塗ったらモテるでしょう。そのまま食べましたが。
ただ、ドライフルーツをそんなに入れなくてもと思います。コッペパンもそうですが、沢山入っている方がより好まれるのでしょう。
パンもラーメンも同じです。
また行きたい。