新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

新春ラーメンはMAMEYAから

MAMEYAでカレーそば特盛りを食べました。
710円。

2017年最後のラーメンは二郎でした。
年賀状を出すついでに二郎へ行こうと思いつつ、年賀状はその辺のポストに投函してしまい二郎へは行かずに終わるかと思ったのですが、やっぱり二郎へ行ったのが最後のラーメンでした。

そして2018年最初のラーメンはMAMEYAになりました。別のところに行こうと思っていたのですが、ダラダラと過ごしていたら行きそびれて。

17時30分頃にMAMEYAへ行くと食べている人が一人で、これは待たない!と思って入店。
汁なしほたて柚子という新メニューがありましたが、以前から目をつけていたカレーそば特盛りのボタンを押します。
席につくと次から次へと客が入り、あっという間にカウンターが埋まりました。入店は5分ちょっと位の差だと思いますがラーメンが出て来るのは20分程度は差が出るでしょう。そういうお店ですが、皆さん常連なのか気にする様子もなく覚悟の上なのでしょう。常連ぽさは注文にも現れていて、一人あたりの食券の平均は2枚以上ありそうです。私は1枚です。

ということでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180107174519j:plain


挽肉、玉ねぎ、ねぎ、チャーシュー、コーン、メンマ。
特盛りですが、丼は普通盛りと同じものでした。でっかい丼になるのかなぁと思っていましたが、それでも麺の量は二郎の小くらいはありそうです。
麺はスープから頭を出していて、その上に具がたっぷりと載っています。
スープの少なさと麺がぐちゃぐちゃと絡み合っている点を受け入れることが出来ればMAMEYAは唯一無二のお店で、30分くらい待つ価値を見いだせるでしょう。

スパイシーなスープに大量の麺。ただ量を沢山食べたいから二郎を選ぶ方がいれば、こちらも選択肢に入れてみてはどうかと思います。

ただ、麺を啜るような感じではないのでラーメンらしさには乏しいのが残念です。二郎はラーメンではなく二郎という食べ物、みたいな事が言われますがそれなりに麺をすすれてラーメンの形をしていると思いますが、こちらはラーメンの形をした何か、という印象です。

大量の麺とスパイシーなスープに汗が吹き出し、寒さも吹き飛びます。

ということで、麺を啜りたくなったので、翌日、東堀来味で中華そばを食べました。


またスープが変わったような気がしますが、麺はツルツルで啜りやすくラーメンらしさに、それだけで満足です。

f:id:pigumii:20180108111214j:plain


2015年までは、1年で一番食べたラーメンは東堀来味だと思うのですが、2016年あたりから二郎になり、2017年はもしかしたら二郎ではなくMAMEYAが一番多かったかもしれません。移転前に駆け込んだ関屋福来亭だったかも。

今年はどこで食べるのかわかりませんが、体を悪くしないように食事を楽しみたいと思います。

だるまやの期間限定あんかけは酸味が特徴

新津のだるまやで背脂五目あんかけを食べました。
850円
新津に新しく出来たお店です。新しいといっても半年くらいは経っているでしょうか。だるまやというと脱離と労働問題が話題でしたが、労働問題の方はにいがた青年ユニオンと和解したとのこと。それが全てなのかわかりませんが、人手不足の昨今でも新店舗が出来るのですから、あまりに酷い労働環境というわけではないのでしょう。監禁騒動の顛末は知りませんが。

www.union4u.org


メニューに挟んであるものを見ると平日ランチタイムは半チャーハン100円引き、トッピング50円などやっています。そのおかげか、デフォルトのラーメンのみの注文は少ない感じ。半チャーハンを付けたり、なんとかラーメンだったり。なんとなくメンマトッピングが多く感じがしました。
だるまラーメンを食べても面白くないので限定メニューっぽいやつを注文。SNSに投稿して何かするとラーメン無料とか、そんな感じのメニューでした。何かすると、なんて雑な情報になってしまいましたが、その企画が(私には)複雑すぎるから。競っているのはわかったのですが、他のどのお店と競っているのかが私にはわからず。見る人が見ればすぐにわかるのでしょう。

カウンター席は向いあっていますが、間が通路になっていて高低差があり向かいあっていても視線が合わない面白い作り。カウンターのほかに小上がり、テーブル席が8名分。
12時少し前ですが、ほぼ満席という状況が続いていました。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20171225115204j:plain


餡には白菜、人参、イカ、豚肉、海老、きくらげ、うずらの玉子。餡の下には結構な量の背脂。スープの上に餡という感じじゃなくて、最後まで餡のとろみが残るたまるやみたいな餡。
餡は酸味が強く、辛くないスーラータンメンみたいな感じ。あんかけ焼きそばみたいなのを想像していたので、私が求めていたものとギャップがあります。
麺は中太で主張の弱いもの。ラーメンの麺は主から従に成り下がり、一口目にスープを啜るのがマナーだといわんばかりの状況では、主張の弱い麺の方が好ましいのかもしれません。
最近、餃子を食べる時に酢と胡椒を試したら胡椒の概念をひっくり返されるくらいの驚きだったので、この酸っぱい餡にも胡椒があうのではないかと思い、胡椒を少しかけたり沢山かけたりして試しましたが、餃子の酢と胡椒ほどではありませんが結構いける気がします。
酸味の強い餡にした意図はさっぱりわかりません。メニュー名である程度味が伝わる方がいいんだなと思いました。じゃないと、これじゃない感でモヤモヤしたまま終わります。

もしかしたら今年一番かも、麺や真玄の濃厚魚介豚骨つけ麺

麺や真玄で濃厚魚介豚骨つけ麺を食べました。
730円
弁天橋通りに出来た麺や真玄です。
前回来た時の仮メニューにはワンタンのトッピングが準備中でしたが、今回は準備中どころかメニューから消えていました。ワンタンがあればらぁ麺とワンタンにしようと考えていましたが今回もつけ麺。前回はあっさりの方でしたので濃厚魚介豚骨の方を特大盛りで注文。大盛り、特大盛り無料ということで特大盛りに。
弁天橋通りのラーメン競争は弁天橋たもとの味噌しゃもじが開店し、より激しくなりそうです。
味噌しゃもじは月曜に開店して4日間500円ということで、(つけ麺を食べたあと)13時少し前に見たところ大行列でした。
12時ちょっと前に入りましたが、こちらも中々の入り。満席にこそなりませんでしたが、お店に入ってから出るまで、ほぼ席が埋まった状態が続いていました。屋号を変え、メニューを絞った効果がありそうです。
ものの本でよく見かけますが、選択肢が多いと選びきれずに買われないから選択肢は多すぎないようにしとけ、という売り方があります。(弁天橋通りの)麺や来味はメニューを増やしすぎたのが悪い方へ向かったのかなぁと思います。
弁天橋通りのラーメン屋はメニューを絞った、これという明確なお店が多いので、麺や真玄はまだまだメニューが多すぎるかもしれません。
というわけでつけ麺登場。

f:id:pigumii:20171221120427j:plain


麺の上に海苔、チャーシュー、メンマ、味玉半分。
つけダレに魚粉、ネギ。
一口食べて久しぶりに美味しいつけ麺だと感じることが出来ました。
つけダレには最初から魚粉が混ざっているのですが、魚粉の旨味と豚骨とよくわからない旨味がそれぞれ主張しすぎず、バランスよく味わえます。
濃厚なのに口の中で引きずらないのは脂を強調しないせいか、それとも米粉のとろみのおかげでしょうか。それとも御大が厨房に立っていたせいでしょうか。
麺は全粒粉が混ざったものですが、滑らかな外側に食感が強めの太麺。いかにもつけ麺というステレオタイプなものですが、魚介豚骨つけ麺というジャンルの完成度が高いためしょうがないでしょう。
特大盛りなので麺の量はかなり多いのですが、つけダレが引きずらないので飽きずに食べられました。
新潟で食べたなかではジャッキー以来、久しぶりに突出して美味しいつけ麺でした。