新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

弁天橋通りの新店は店名には似合わない間口の広い背脂ラーメン

弁天橋通りに出来た鬼にぼで中華そばを食べました。
700円。
元肉ばか、現しゃがらの向かい辺りにできました。おこじょの元社長のお店。
12時半過ぎでしたが、8割くらいは席が埋まっていました。
聡明なフロア担当の方が入り口をくぐると券売機を指示してくれるので入って左手の券売機で買います。券売機は回転寿司や居酒屋のタブレットみたいなインターフェイスで最後に決定だか発券を押します。極稀に券売機のボタンを押した後に別のボタンが目に入って、あっちにしたかった、みたいな事があるので、こういった券売機もよさそうです。
メニューは中華そば、鬼MORI醤油、鬼MORI味噌、などありますが、この日は中華そばくらいだけみたいな紙が入り口に貼ってありましたので、素直に中華そばを。
おこじょに行った時もフロアの方が適切に案内していましたが、ここでも明確なわかりやすい接客をしていました。こういった方がフロアにいると社長も助かるでしょう。
食券を渡すと背脂の量を聞かれたので普通にしてもらいました。壁に貼った紙には5段階以上あったような気がします。
席はカウンター代わりの大きなテーブルと、小上がり。小上がりは2人でちょうどよさそうな大きさですが、3人でもそこに案内されるようです。団体には居心地が悪そうですが、回転がよくなりそうなのでラーメン店としては正解なのかもしれません。今の所はオープンから間もないので入っていると思いますが、今後は3名、4名の家族連れが続くのか気になるところ。
というわけで、少し待ってラーメン登場。

f:id:pigumii:20180808124434j:plain


チャーシュー、玉ねぎ、青菜、メンマ。
麺は平打じゃない太麺でいわゆる燕三条系では珍しいような気がします。うどんを中華麺にしたような食感。燕三条系よりも中華麺要素が強いので、好みは分かれそうですが、太麺好きなら一つの理想に近いんじゃないかと思います。鬼MORIというのが豚骨ベースだそうで、この麺との組み合わせだと中華そばよりもそっちがメインになるのかもしれません。

チャーシューはぱっと見で普通ですが、適当に切ったら分厚くなっちゃった、みたいな感じでこれはらしい。かなり分厚かったです。
スープは店名の「鬼にぼ」からイメージするものとは程遠いもので、癖のないもの。関屋福来亭の油の効かせ方を変えて、食べやすくしたような感じ。
厨房から元社長の声が聞こえますが、ごちゃごちゃとくどいくらい要素を重ねるのが好きなのかなぁと思いましたが、バランス重視でも上手く作るものです。
スープや麺、盛り付けはオールドスクールな燕三条系を求める人向けではありません。ただ、ラーメンとしてしっかりと出来ていますし、味もいい。

食べやすい、物足りない、どちらの意見もありそうです。癖の強い燕三条系を求める方にはハズレでしょう。恐らく、癖の強いものを求める方は鬼MORIをどうぞ、ということだと思われます。
鬼MORIが安定供給されたら食べに行こうと思います。

まっくうしゃの炙りちゃーしゅー丼が美味しい

駅に近い方のまっくうしゃで冷やし中華と炙りちゃーしゅー丼を食べました。
880円+100円
ハムがあるうちに冷やし中華を作って食べようと思っていたのですが、ハムをそのまま食べてしまい冷やし中華はまた今度に。ハムを買ってきたらいいわけですが、きゅうりを買って、玉子を焼いて、うんぬんかんぬんと考えると面倒なわけです。一つでも素材があれば重い腰もようやく上がりますが、一つもないとどうしようもなく面倒なわけです。
というわけで冷やし中華を食べたいなぁと、なんとなく思っていました。ただラーメン屋というよりも中華のお店で食べた方がいいだろうなぁと思っていました。しかし、まっくうしゃに入ってみたら冷やし中華があったので注文。
冷やし中華では多少心細いので炙りちゃーしゅー丼も注文。
ラーメン屋の冷やし中華というと、画像検索で出てきそうなやつではなくラーメンに寄せた冷やし中華を出すお店が多い印象があります。冷やし中華はそんなに食べないので印象ですが。まっくうしゃはどんな風にラーメンに寄せるのか楽しみです。
というわけで冷やし中華登場。

f:id:pigumii:20180804111508j:plain

ネギ、チャーシュー、玉子、きゅうり、くらげ、わかめ、コーン、もやし、紅生姜と練からし。
麺は細麺でラーメンよりも細いものでしょう。しめられていることもありますが、かなり食感の強い麺。味はよくある冷やし中華。お店の主張のようなものは全く感じませんでした。
ただ、炙りちゃーしゅー丼はすごく美味しい。
チャーシューの端っこから直火で脂を焦がした粒子が大きいような香りがしています。また山椒か何か香辛料のようなものも感じます。本当に炙っているのかわかりませんが、風味のよい丼でした。

また、ご飯そのものも美味しく、大きい炙りちゃーしゅー丼にミニラーメンの組み合わせがあってもよいのでは?と思うくらいです。

ピア万代の貝出汁ラーメンはなかなか

ピア万代の宗次で貝ダシ汐ラーメンを食べました。
700円
1ヶ月か2ヶ月くらい前か、ピア万代の弁慶で食べようと思ったら社員研修で休みでした。ピア万代はあまり好きではないので(特に野菜の値段と味が釣り合っていません、野菜に関しては関屋の原信にある地場物の方が安くて美味しいです)久しぶりでしたが、ラーメン屋の席がギッシリと埋まっていました。知りませんでしたが人気店なのかもしれないと思い、食べようと思ったものの、ほぼ忘れていました。
それを思い出したので来てみたわけです。入り口の黒板にはチャーハンおすすめみたいなことが書かれていて気になります。
入り口入って向かいにある券売機で、とりあえず左端の貝ダシ汐ラーメンのボタンを押して、半チャーハンのボタンを探すと、なんとチャーハンセットのボタンがすぐ下にあるではありませんか。
半チャーハンは220円に対し、チャーハンセットなら170円増し。50円の損を我慢して半チャーハンを押すわけもなく、ラーメンを払い戻してチャーハンセットにする気もなく、ラーメンだけ食べることに。
そもそも半チャーハンは食べ過ぎなので、これでよかったと思います。お店はそうじゃないかもしれませんが。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180730111455j:plain


ネギ、水菜、メンマ、チャーシュー。
麺は加水率はそれほど高くない細めのストレート。主張は強くありませんが、こだわりはそれなりにありそうです。
スープは確かに貝の感じで、貝を協調するあまりに旨みが強すぎる塩ラーメンは多々ありますがそうではなく、抑え気味の旨みと口の奥にわずかに残る苦味が貝であることを主張しています。
メンマは好みではありませんし、水菜よりももっと苦味のあるものを載せた方がいいと思いますが、これはこれで完成していると言えるでしょう。
私は塩ラーメンが好きではないのですが、十分に美味しい塩ラーメンでした。

ついでに何か食べようかと思いフラフラと歩きましたが、気になるものもなく食べずに帰りました。