新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

麺や来味のデカわんたんは他の来味のものよりもジューシーだった

弁天橋通の麺や来味でデカわんたん濃淡醤油らぁ麺を食べました。
850円(税別)
久しぶりに麺や来味に来ました。久しぶりで何を食べようかと考えながら階段を上がると、入口手前になんだか沢山紙が貼ってあります。

週末の営業時間が変わったとか、待っている人は中にある紙に名前をかけとか、ハッピーパスに書いてある値段が間違っていたとかなんとか、とにかく沢山紙が貼ってあります。入店する場合、沢山の紙の一つ一つに目を通して同意とみなされるのでしょうか?
よくわかりませんが、これだけの紙を貼ることにどれだけ効果があるのか疑問です。1枚か2枚程度ならともかく。

さて、何を食べるか。
候補は汁なし担々麺、背脂味噌らぁ麺、つけ麺、それに限定。
限定はチーズが入った塩ラーメンとワンタンメン。ワンタンメンは亀田と東堀のお店で食べているので、違うものなのか確認したいと思いワンタンメンを注文。

f:id:pigumii:20170927131015j:plain


正式名称はデカわんたん濃淡醤油らぁ麺。濃淡醤油というのはどういうことでしょうか?濃口と薄口を混ぜたということでしょうか?濃口の醤油ダレと淡麗スープの組み合わせということでしょうか?特に解説が書かれていないので謎です。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20170927131614j:plain


水菜、ネギ、麸、海苔、チャーシュー、メンマ、そしてワンタン。

麺はかなりバツバツとした食感で、中華麺の食感ともうどんの腰とも違います。デュラムセモリナを使っているとのことですが、パスタともちょっと違います。伸びにくいそうめんみたいな感じ。

スープは少し甘めでほんの少し苦味があります。貝からとったのか、何か焦がしたのか。油の主張は極弱めで出汁は鶏と何か。タレは京醤油ではないと思います。私には濃淡が何を指すのかわかりませんでした。

ワンタンは5つくらいで、他の来味と同じものに見えますが、食べてみると食感がまるで違います。亀田も東堀も冷凍したワンタンを使っていると思いますが、こちらは違うのかもしれません。もしかしたら、亀田と東堀のワンタンも食感が改善されているのかもしれません。また確かめたくなります。

ネギと水菜が同じくらいの大きさに切られていますが、以前から水菜はこんなに小さく切られていたでしょうか?ネギと混ぜて薬味とするという意味では正解ですし、ネギとは別に水菜を箸休めとするのであれば不正解でしょう。来味は後者の意味合いで使っていたイメージがありますが、私は水菜は箸休めにはならないと考えているので小さく切ってもらったほうがマシだと思います。

粗方食べ終わると、ふとスープがどん兵衛に近いような気がしてきました。カツオ出汁ではないのですが、タンパク質に由来する出汁なんでしょうか。

それにしてもワンタンが本当にデカいのでお腹がいっぱいです。

 

ホットワンタン しょうゆ味 46g×12個

ホットワンタン しょうゆ味 46g×12個

 

 

移転前、最後になるかもしれない関屋福来亭

関屋福来亭で五目うま煮ラーメンを食べました。
900円。
9月一杯で一時閉店して小新へ移転する福来亭です。路駐を考えると近所にも肩身が狭い思いをしていたでしょうから、移転も当然でしょう。この日は入る時も出る時も3台路駐していました。私は近所にちょくちょくいるので歩いて来ましたが、移転先は歩いていけないので足が遠のきそうです。

f:id:pigumii:20170913112823j:plain


であれば、餞別にちょっと高い五目うま煮を注文。
チャーハンと焼きそばが休止で夜営業も移転準備のため休止となっていました。
この日も混んでいてテーブルの相席が見られました。
移転先がどのくらいの広さなのかわかりませんが、今以上に狭いということはないでしょうから相席は見られないかもしれません。相席のラーメン屋は西堀の三吉屋と東堀の来味の大きいテーブル席と、他にはどこかあるでしょうか。相席屋やそのフォロワーは相席するそうですがラーメンは出すのでしょうか?
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20170913114309j:plain


白菜、人参、挽肉、きくらげ、にんにくの芽、青菜、ピーマン、うずらの卵、背脂。
麺はいつもの強い縮れの平打太麺。混んでいる時は硬めで出てくることが多いと感じていますが、この日は鍋振りメニューのためか少し柔らかめ。でも柔らかい方が好みです。
スープの塩分はそれほどではないけれど餡の塩分は強め。食べていくうちに混ざり、ちょうどいい感じ。
普通盛りでも麺の量は少し多めだと思いますが、もう少し食べていたいと思いました。ここの麺が好きです。
できればまた食べたい。

ちょび吉の生姜醤油と背脂の組み合わせにはポテンシャルがある

ちょび吉でド生姜醤油大盛りに背脂トッピングで食べました。
750円+20円。
久しぶりにちょびきちに。何度かお店の前を通っていて、背脂がどうのこうの、という紙が貼ってあるのはわかっていたので、試してみようと思い来ました。
生姜醤油に背脂の組み合わせは案外少ないような気がします。少ないというか唯一知っているのが肉バカです。しかし、肉バカの生姜醤油に背脂の組み合わせは決していい印象がありません。
土曜日の開店してすぐですが、すでに5人くらい客がいます。お店に向かいてくてく歩いていた時に看板を出しているのが見えて、そこから一人しか入らなかったのに、既に店内にそんなにいるとは思いませんでした。
そこそこ人気店なのか、なんとなく店主はなんだか疲れているようにも見えました。
ということで、ちょっと待ってラーメン登場。

f:id:pigumii:20170909112315j:plain
海苔、なると、メンマ、チャーシュー、ネギ、青菜、背脂。
ぱっと見でも背脂というかオイリーな感じが伝わります。実際、油っこい。
背脂が入っていないのは、それこそド生姜ですが、背脂が入ると油に押されるのか”ド”とまではいかず、生姜醤油の範疇で生姜が強めという感じ。
タレの出来がいいので、生姜か必要以上に出しゃばらずに邪魔をせずに具合がいいような気もしますが、油が口に残りすぎるような気もします。
もしかしたら、背脂入りとなしでは背脂を入れるかどうかだけではなくて油を使い分けているのかもしれません。
背脂が入っていないものはご飯と合わないと思いましたが、背脂入りはご飯があいそうです。
背脂はプチプチとした食感を残した、かつてのなおじでやっていたタイプで懐かしい。
単に背脂を入れたのかもしれませんが、それ以上に入れないものとは別物になっています。なので、通常のド生姜があわないと感じた方でも気にいるかもしれませんし、その逆もありそです。
ただ背脂入りの方がポテンシャルは高く、ロードサイド店舗を展開したら絶対に流行ります。資本をお持ちの方はこの味を真似て関東でやってみてください。私はお金がないので結果だけ知れたら十分です。

f:id:pigumii:20170909131553j:plain


そして生姜醤油の偉大な先達、青島の西堀店は完全に閉めて看板やらなにやらなくなっていました。チャーシューなどは西堀店で仕込んで東堀や万代に持っていくものだと思っていたので意外です。