新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

ラーメン店名の「せっぺ」は五泉の方言

せっぺで潮ラーメンを食べました。
750円。
みんな大好き十郎の向かいにあったホームラン食堂の跡地に出来たお店です。
ホームラン食堂が閉店後、すぐに出来たので居抜きでそのままだろうと思いましたが、カウンターは真ん中で割れ、内装もけっこう変わっています。入り口左手にあった券売機はなく、真っ二つに割れたカウンターで精算するスタイルに。
看板を見ると「せのべ」か「せっぺ」かわかりませんでしたが「せっぺ」だそうです。カウンターの向こうにある能書きに書いてありました。なんでも五泉の方言だそうです。ということは、五泉方面の方がやっているのでしょう。
とりあえずメニューの一番上の潮ラーメンを注文。
他には醤油と味噌。
潮をしおと読むのかうしおと読むのかわからないので、ふりがなを振るか塩と表記してほしいのですが、なんで潮と表記するのでしょうか。岩塩ではないことをアピールしているのでしょうか。私ならこだわりの海塩を使っていても潮の表記は使いません。
ランチは100円で日替わり丼が追加でき、この日は鶏タレカツ丼でした。私は頼みませんでしたが、ちらっと横目でみた日替わり丼は100円には見えないものでした。
ということでラーメン登場。

f:id:pigumii:20171031114620j:plain


メタル丼にメンマ、ナルト、ネギ、揚げネギ、水菜、鶏チャーシュー、柚子の皮。
麺をすする前に何かふっと香りましたが、それが何かわかりません。すごくいい香りですが、ほんの一瞬。
鶏は越の鶏という銘柄鶏を使用しているようですが、正直よくわかりません。臭み消しなのか香辛料が強く効いていて香りも出汁も全否定するような感じで、ちょっとどうかと思います。
麺はこだわりがなさそうな感じもちょっともったいない。
なんというか、詰めが甘いというかもう少し拘りが伝わればと思います。

伊勢丹の催事で食べた金色不如帰の美味しさの全てを感じるレベルに私は達していない

伊勢丹の催事で金色不如帰の鴨脂と本枯れ追い鰹の醤油そばを食べました。
901円。いつものように支払いは900円。
伊勢丹の催事はズームインサタデー全国うまいもの博で、会期も長いですし人気の催事になりました。
イートインのラーメンは最初に金色不如帰で最終日の10月31日に行きました。
1日50杯限定の鴨脂と本枯れ追い鰹の醤油そばと限定じゃない貝出汁とそれのトッピングがたっぷりの3種類。
せっかくなので限定にしました。

やけに試食を勧めるお店が沢山ありますが、それでも儲かるのだから、この会場の熱気のようなものこそ景気が上向くドライビングフォースになりそうです。であれば、ハロウィンのバカ騒ぎを毎日やってもいいのではないかと思います。
というわけで、少し待ってラーメン登場。

f:id:pigumii:20171031110716j:plain


小松菜、ネギ、せり?三つ葉?、メンマ、チャーシュー、その上に柚子。
麺はストレートの細麺で全粒粉がまざった食感強めの中華麺よりも蕎麦よりのもの。
スープは鰹節がどっしりと効いたもので、食べ初めはしょっぱいような気がしましたが食べ終わるころはしょっぱくはないと考えを改めました。それだけ旨味が強いのでしょう。豚骨みたいにれ鰹節を使ったというような感じ。
チャーシューの一口目はどうでもいいようなものだなぁと思いましたが、食べていると不思議と味わい深いものがあります。臭みがありますが、いわゆるチューイングテイストみたいな感覚でラーメンのチャーシューにそう感じたことはなかったので不思議な感じです。
メンマも初めて食べた味と食感で、完全に裏方に徹した箸休めという感じ。
スープは雑煮みたいな感じがあり、蕎麦のような甘みはないので雑煮の方が近いと思いますが、雑煮も地方や家庭でかなり違うと思うので人によっては雑煮とは似ても似つかないと感じると思いますが、私には雑煮っぽい感じ。
このラーメンで雑煮はもっと美味しくなるという確信を得ることができました。
また、このラーメンは美味しいのですが、どこがどうして美味しいのか私の手に余ります。

ラーメンにありがちなガツンと一発かますような感じはあるのですが、それよりは随分控えめですが、でも一発で叩きのめすようなところがあります。出汁の効かせ方からして不思議なラーメンでした。

やっぱり濃厚魚介つけ麺は美味しい

大舎輪でつけ麺大盛りを食べました。
750円+100円
久しぶりに亀田の大舎輪に来ました。隣のパチンコ屋の駐車場?はなにや何やら工事中で何か砕いています。反対側の隣は一軒家のようなものが建っていますが、民家ではなくて何らかのお店なり事務所だと思いますが、こちらも工事中。
バイパス入口付近の東京インテリア予定地は相変わらず放置ですが、この辺の方が車の出入りがしやすく使い勝手がいいのでしょう。
久しぶりですがメニューは変わらないようで、つけ麺、辛つけ麺、ラーメンと濃厚ラーメン。
看板メニューと思われるつけ麺を大盛りで注文。
お店の方は以前より平均年齢が高そうです。だるまや系は孔明が平均年齢高い印象がありますが、離脱や人手不足で最近はどこもこんな感じなんでしょうか。以前と変わらず、いかにも人気のラーメン店の接客なので平均年齢はどうでもいいのですが。
というわけで少し待ってつけ麺登場。

f:id:pigumii:20171026111451j:plain


ネギ、メンマ、角切りのチャーシュー、海苔と魚粉、味玉半分。
少し小さめの丼に山盛りの麺、丼の底には水切りのザルみたいなのは無いので、底まで全部麺。
麺はいかにもな、歯ごたえのしっかりした太麺。
魚粉は好き嫌いあるかと思いますが、つけダレの濃厚でドロドロさと麺の食感の強さがあるので、ザラザラという嫌な印象はありません。
悪く言えばパクリですが美味しいつけ麺です。難を言えば、つけダレの器が温まっていないことでしょうか。つけ麺を食べたことがあれば器を温めた方がいいと自然と考えそうな気がしますが、つけ麺を食べたことがない方が作っているのかもしれません。
この系統のつけ麺の完成度の高さを、類似商品からですら感じます。こういったつけ麺は頑者が起源なのでしょうか?どのようにして生まれたのか興味があります。最初からこのような完成度に達したわけではなく、紆余曲折があったかと思いますが、それがどういったものなのか知りたいです。
つけダレは青葉から着想を得たとして、麺はどこから来たのでしょうか。