新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

うどんそばの辣油の蕎麦は残念

うどんそばで肉つけそばを食べました。
700円。
新潟駅前の立ち食い風のお店です。以前はみゆきの里という名前でしたかでしたがリニューアル。
以前はワンカップが豊富でいわゆるちょい飲みに力を入れていましたが、リニューアル後はお酒の種類もおつまみも減り、晩酌セットみたいなのもなさそうです。
前回は春菊天そばだったのでうどんにしようかと思いましたが、もう一度そばに。気になる肉つけそばボタンを。

wp.niigatainfo.net


カウンターで食券を渡し半券を受け取ります。
ラー油のそば専門店が出来ましたが、比べようという気持ちも。お店にとっては食べ比べなんて嫌な感じでしょうが、配給でもなければ比べられるでしょう。対象はコンビニ弁当かもしれないし隣のミラノサンドかもしれないし。色々あるなかで、似たメニューを選ぶだけましだろうと正当化したところでそば登場。

f:id:pigumii:20171217161929j:plain


麺の上に海苔、ネギ、ゴマ、豚肉。つゆにはラー油。豚肉ですが温かいつゆです。冷たいものがあるのかはわかりません。
麺は前回と同じものと思われますが、幅の広い麺が少し混ざっています。これが偶々なのか、意図したものなのかわかりません。意図したものであれば太い方だけの方がいいような気がします。
つゆは小鉢のようなものに入っていて、すごく食べにくい。適したものを用意すべきでしょう。
これなら150円高いけれど満まるの方がいいでしょう。あっちはあっちでどうかと思うところがありますが。

wp.niigatainfo.net

 



NEXT21に市役所が移転したついでに出来たとは思えないコッペパン

ふるまちコッペでコッペパンを食べました。
シングル140円。
NEXT21に市役所が移転して、その時に出来たコッペパン専門店です。
トイレの横にあるのでトイレを使う時に何度か前を通っていますが初めて食べます。
朝9時から16時、売り切れ終了で、この日は15時半頃に買って沢山置かれたテーブルについて食べていたら閉めました。それなりに人気があるようです。ローサにあるメロンパンのお店もまだやっているので、古町にはパンの需要があるのでしょうか。
コッペパンはプレーン120円、中に挟むのがシングル140円とダブル150円、それにホットドッグがあるようです。
コッペパンに挟む具はマーガリン、いちごジャム、小倉あん、粒ピーナッツ、ミルク、黒ゴマがあったと思います。いちごジャムをダブルみたいな注文が出来るのかはわかりません。ヤマザキのコッペパンみたいにいちごジャムとマーガリン、みたいな感じでダブルにするかと思われます。
とりあえず定番のような気がするいちごジャムと小倉あんをそれぞれシングルで注文。それとコーヒー。
コーヒーは100円でジョージアと書かれたコンビニにあるような機械のセルフサービスです。
人気のメニューは予め挟んでおいたのがありますが、そうでないもの在庫がないものはその都度挟むようです。
というわけでコッペパン登場。

f:id:pigumii:20171217153041j:plain


小ぶりなコッペパンですが、持つとずっしりとしています。中の具が多いのです。
いちごジャムはべっとりと沢山入っています。苺の実の原形が残ったものも入っていました。
コッペパンは表面に適度が焦げ色が付いていて香ばしさがあり、生地はふっくらとしていて旨味もあります。正直、思っていたよりもずっと美味しいパンです。
小倉あんはあんまんに入っているようなしっとりとしたものではなくて、水分少なめのやつです。これは悪くないのですがマーガリンやミルクと合わせたダブルがよさそうです。

想像以上にレベルの高いコッペパンです。あとは具に玉子やハム、カスタードなんかがあったらと思います。すっかり解体された大和の見学ついでにオススメ出来ます。

MAMEYAはやっぱり具だくさん

MAMEYAでごま味噌(そば)を食べました。780円。
関屋のMAMEYAです。ちょっと前に行ったら沢山客がはいっていていつラーメンが出るのかわからないので諦めて後日出直しました。
この日は雨のせいか客がいません。こちらは有難いことですが、お店にとってはよろしくありません。同じような時間だったと思いますが、多い日と少ない日と極端なのでしょうか。
何にしようか具沢山のやつがいいかと思いなから券売機を見ると柚子しお(たぶんそんな名前)というのがあります。しかし、残念ながら本日終了の紙が貼ってあります。
カレーそばか、ゴマ味噌かちょっとだけ迷い、ゴマ味噌ボタンを押します。カレーそば特盛りというのも気になるので次はそれにしようかと思います。
店内が狭いおかげなのか店内は明るく、比較的綺麗に写真が撮れます。インスタ映えで世界が回っている現在において、写真が綺麗に撮れないお店はもうちょっと照明について考えた方がいいんじゃないかと思います。暗いのもそうですが、演色性の低い照明は美味しそうに撮れないし見えません。LEDより蛍光灯の方が基本的に演色性は高いのですが、古い蛍光灯は緑が強くて食欲がわくようなものではなく、安いLEDは赤が弱いので血色が悪いような感じになります。スーパーの生鮮食品売り場用に演色性の高い照明器具もありますし、そういうメーカーはインスタ映えを狙って飲食店に営業しているところかもしれません。
というわけでラーメン登場。

 

f:id:pigumii:20171216173611j:plain


ひき肉、玉ねぎ、ネギ、コーン、水菜、メンマ。
麺は中太で硬いものではなく食感がしっかりではなく少しもっさりというか、すすりやすい麺でもなく中庸な感じ。
スープは赤い油がういていて辛味があります。最初はゴマの感じがそれほど感じないのですが、辛さになれるのか次第にゴマっぽい感じがしてきます。出汁は鰹節でしょうか。味噌の割りに出汁を感じますが、それが何かはよくわかりません。バランスがいい。
辛味は山椒も使っているようで、何度か山椒の辛味を感じます。まぜそばみたいなラーメンなので食べ初める際に混ぜてみたのですが、山椒は全体に混ざっているわけでなく偏っていてアクセントという感じ。粉じゃなく実のままだったのでしょうか。
前回食べた時よりも鶏油が多いような気がします。辛さと脂と麺の量もあり満足感の高いラーメンです。
スープが少なめの具沢山のラーメンというよりは、スープが多い混ぜそばという感じ。まぜそば系が好きな方は間違いなく気に入ると思います。

wp.niigatainfo.net