新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

かずをの背脂中華はバランス重視で美味しかった

麺屋かずをで背脂中華を食べました。
700円。
亀田、鵜ノ子インターの近くにあるかずをです。前のお店もラーメン屋でしたが、そこへは行かずじまい。移転か何かされたと記憶しています。去年空いたところに出来ました。
11時5分くらいだったと思いますが、お店の前の駐車場は1台分を残し埋まっていて、これは人気店だったかと思いきや、車から降りた人が2階へ登っていきます。2階とも共用の駐車場のようです。
それほどでもないのかと思い店内に入ると、既に5~6人はいます。やっぱり人気店のようです。ただ、席数の割りに駐車スペースは追いついていないような気が。10席くらいかと思ったら、20席以上はありそうです。席数と駐車場のミスマッチを考えると前の前くらいは飲み屋だったのでしょうか。居抜きで入ったのかわかりませんが、内装工事かなにかをやるようです。レジ脇にそんな張り紙がありました。
とりあえずメニューの一番上、背脂中華を注文。
私のあとから入ってきた方も背脂中華の注文がほとんどだったので、間違いないでせよう。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180226111318j:plain


玉ねぎ、ばら海苔、チャーシュー2枚、チャーシューの上におろし生姜がちょっと。
麺は縮れが強い多加水でかん水強め。トラディショナルな燕三条系を期待すると受け入れがたいかもしれませんが、そうでなければ気にならないでしょう。
特別おいしい麺というわけではありませんが、デフォルメ気味の食感は悪くありません。
スープは表面にかなり背脂が浮いています。この上に中油、大油、鬼油があり背脂補給にもよさそうです。背脂が多い割りにはスープはキレがありすっきり。油に頼らずに出汁とタレがしっかりしているのでしょう。滋魂のようなスモーキーな感じはありますが、それに頼らず。
チャーシューはバラ肉で、バラ肉は柔らかく仕上げるお店が多いような気がしますが食感はしっかりと残っています。
玉ねぎをもうちょっと欲しい気がしますが、適度な量でしょう。チャーシューの上のおろし生姜の効果はわかりません。
正直まるで期待していなかったのですが十分以上、もちろん期待以上です。とにかくバランスが取れていて、過剰になりがちなところを抑えて一方では強調して、上手く出来ていると思います。
旧市内じゃなくて今の新潟市内で燕三条系のオススメを聞かれたら、現状ではここを答えます。旧新潟市内ならどこかというと、今となってはどこまでが新潟市内だったのか、そこから思い出さないと。

ドンキに隣接している八兵衛の油そばは割安だけどドンキっぽくない

八兵衛で油そばに黄身を付けて食べました。
780円。
新潟駅の駅南、ドンキが入っている建物にある八兵衛です。
流行りそうな立地でありながら特に何も聞こえてこないので大丈夫なのかと思い確かめに来ました。

背脂とか海老とかドンキを愛用する若い方向けのメニューになっています。とりあえず食べていない油そばに。
油そばボタンの隣が黄身入りで50円増しだったので、こちらを押しました。
食券を渡すと引き換えに3月末まで使える餃子無料券を渡してきました。

平日ランチタイムは大盛りかライスが無料とのことですが、今回はなしで。油そばは麺が240gと書いてあったような気が。そして、油そばはカロリーがラーメンの2/3と書いてあったような気が。
ということは、ラーメンの麺を180gとすると油そばの麺は4/3倍で、それでもカロリーはラーメンの2/3倍、ラーメンと油そばのカロリーは麺とスープのみで具のカロリーは無視すると考えた場合、スープは何kcalでしょうか?180gの麺をxキロカロリー、スープをyキロカロリーとして連立2次方程式を立てると解けそうですが、ラーメンか油そばの総カロリーがわからないと解けないでしょう。でも、そんなことってあるのでしょうか?

というわけで油そば登場。

f:id:pigumii:20180226140527j:plain


鶏チャーシュー、豚チャーシュー、それぞれの細かいもの、メンマ、刻みのり、ネギ、卵黄。それと別皿でスープ。
油そばが出て来る前に、調味料みたいなのがカゴに入って出てきました。ニンニク、マヨネーズ、山椒、ゴマ、粉チーズ。
それらが入ったカゴに「食べる前に酢とラー油をかけろ」みたいな事が書いてあります。それも必須のような感じで。だったら最初からかけておけよ!と思いますが、酢もラー油も嫌いな人はいるからでしょう。ラー油と酢は餃子用?としてテーブルに置いてあります。他には七味唐辛子もありました。
ちなみに、私はラーメンに酢を入れると美味しい、とか言い出す人は信用していません。

とりあえず全体を混ぜて二口ほど食べてから酢とラー油をかけ、もう一度混ぜます。
黄身は一つしか入っていないと思うのですが、酢とラー油を入れても入れなくても黄身の味が支配しています。一つの黄身だけなのに凄く強く主張します。
酢とラー油は必須だとは思いませんが、他の味変を使っても重くなる一方なので入れるなら最初ではなく終盤の方がいいかなと思います。

鈴木みのるのインタビュー記事の中に、マヨネーズと同量の山椒を唐揚げに付けて食べると美味しい、というのが書いてあったので、マヨネーズに大量の山椒をかけて麺に絡めて食べてみましたが、なるほど、という感じはします。酢と胡椒の組み合わせに似ていますが、舌に辛味が残らずスパイスの香りが少し感じられます。

麺を食べ終わっても具が残ったのでレンゲで掬って食べました。
黄身のない油そばは730円で、平日ランチタイムは大盛りかライスが付けられ、マヨネーズとか粉チーズとかも使えるなら、かなり割安だと思います。
ただ、汁なしの面白さはトッピングとの組み合わせにあると思うので、風天がその方向を伸ばしています、もっとジャンクな感じのトッピングを、ドンキに隣接しているらしさを見せたらいいのでは?なんて思います。

インスタ映えしそうな新潟駅前のごぼ天、ごぼう天うどん

そばうどんでごぼ天うどんを食べました。
680円。
駅前のドトールの横にはる立ち食いそば形式ですがテーブルと椅子がある、かつてはみゆきの里という名前だったお店がリニューアルしたお店です。
メニューは立ち食いそばらしいもの、立ち飲みっぽいもの、ご当地そばうどんの3本立て。春菊天そば、肉つけそばを食べたので、今回はうどんを。
うどんがメインのメニューはかすうどんとごぼ天うどんの2つ。いずれも西日本のうどん。よくわかりませんが、かすそばはありませんが、ごぼ天そばはあります。
かすうどんも惹かれますが、ごぼ天うどんのボタンを押します。
カウンターに食券を渡すと半分が返ってきます。番号はちょうど100。この日はお昼をちゃんと食べていなかったので16時ちょい前でした。サイドメニュー、トッピングなどにも通し番号がふられるとしたら60食から70食というところでしょうか。いつも暇そうですが、思っているよりは出ているようです。
というわけで、うどん登場。

f:id:pigumii:20180221154809j:plain


ごぼう天、ネギ、わかめ。
麺は平打で表面がつるんとして、食感はモチモチ。食感は讃岐うどんのコシとは違うもの。福岡のうどんは柔らかいそうですが、使う粉にタンパク質が少ないせいという話しがあるので、福岡へ行ったことがありませんが恐らく福岡のうどんとは異なる食感と思われます。じゃあどこのうどんかというと、わかりません。
出汁は醤油色ではなく薄いもので、いりこではなくて何かの節だと思いますが、よくわかりません。
ごぼう天は揚げたてで、丼の開口部直径よりも大きいもの。薄く切ったごぼうがかき揚げ状になっています。検索してみると、こういうタイプと棒状の天ぷらと2種類あるようです。こういう方がインスタ映えしますが、他の天ぷらを組み合わせる楽しみはなさそうです。ちなみに、私が丸亀製麺でインスタ映えすると思う天ぷらはちくわ天です。他の天ぷらと組み合わせた時に絵面がよいから。細長いごぼう天でもインスタ映えの方向はあると思います。

パッと見で食べにくいなぁと思いましたが、実際にはそれほどでもありませんでした。
このタイプのかき揚げは表面積が大きいので油っこく、出汁が油で邪魔されると捉えるか油で風味が増したと捉えるか。正直どちらもあって、天ぷらが出汁に浸かる前に半分くらい麺を食べたかったような気もしますし、それでも物足りないと感じたような気もします。
麺と出汁は結構美味しいです。ごぼう天も悪くありません。ただ、680円となるとちょっと高いかなぁというのが正直なところ。ちなみに、かけうどんが300円なので麺と出汁が同じものだと仮定すると、ごぼう天単品に380円は高いかなぁと。ただ、春菊天そば、肉つけそばより満足度は高かったです。値段を含めると春菊天そば480円の方がオススメかなぁという気が。食べて後悔することはないと思います。