新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

【祝】三宝亭独立支援ラボが閉店【独立】

三宝亭独立支援ラボで鶏煮干し醤油を食べました。
700円。
三宝亭が独立を希望する社員をサポートするために模様替えしたという独立支援ラボです。
ようやく初めて行きましたが、3月一杯で閉店の貼り紙。なんでも、独立が決まったからだとか。この店舗を借り受けて独立するのかと思いきや、お店探しから始めると書いてあります。
このお店はとりあえず閉めて、独立希望者が出たらまた再開するのでしょうか?
お店に入ると左手に券売機。
三宝亭は券売機ではありませんが、独立を考えると最初から三宝亭のような規模のお店は難しいでしょうから券売機を置くのは正しい選択でしょう。
メニューは鶏煮干しの醤油と塩、味噌系、鍋振り系、あとカレーとかありました。
基本というか、独立を視野にいれたメニューらしい鶏煮干し醤油を。
店内は小さめの三宝亭という感じ。お店の人は4人か5人いて、独立後にこの規模は難しいと思いますので3人くらいで回した方が練習になりそうな気がします。
ということで、割りとすぐにラーメン登場。

f:id:pigumii:20180317130748j:plain


ネギ、三つ葉、メンマ、チャーシュー。
麺は加水率が少し低めのストレートの細麺。見た目からするともう少し加水率が低くてもあいそうですが、この辺は個性を主張しているのかもしれません。
スープは煮干しと言われれば煮干しだし、鶏と言われれば鶏。浮いている油は脂が多めですが、それほど口に残りません。ただ、それほど上手く機能しているとは思えません。
チャーシューは低温調理にありがちな臭みがあります。こういったラーメンにこういうチャーシューの組み合わせはありがちですが、臭みが邪魔をするラーメンにどうして組み合わせるのか疑問です。
こういうラーメンは醤油の風味を引き出す方向があっていると思いますが、醤油は埋もれているように感じます。
そこそこ美味しいのですが、何かを真似をしているだけという印象が残ります。それでも独立されたら一度は食べてみたいと思うくらいはあります。

角中うどんは安いけど油が気になる

角中うどんで肉つけうどんを食べました。
780円。
石山?中野山?の角中うどんです。赤シャモジ、豚しゃもじなどをやっているところのお店だそうです。確かに外観も内装も似たような感じがあります。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/cocolo/17-00500

この記事に出てきてもおかしくないような感じです。このグループがこの方のお世話になっているのかは知りませんが、流行りみたいなものなんでしょう。
年間500食ラーメンを食べるインフルエンサーと呼ばれる人が100人いたとしても日本中のラーメン店全てをフォロー出来ないでしょう。めちゃくちゃ美味しいラーメンを作って待っているよりも、とりあえず存在を知ってもらうことは大切だと思います。

メニューは色々あって、うどん以外にも天丼、定食なども。とりあえず定番そうな肉つけうどんを3玉で注文。3玉まで無料で、3玉以上はわかりません。
温かいお茶と刻みタマネギは無料でセルフサービス。
3玉まで無料とかラーメンをそのままうどんにした感じかなぁと思っていましたが、客層はラーメン店とはちょっと違う感じがします。丸亀製麺とファミレスが混ざったような感じ。

ちょっと待ってうどん登場。

f:id:pigumii:20180314110840j:plain


うどんの上に刻み海苔、ネギ、豚肉。つけ汁には背脂。
刻み海苔もネギも肉もトッピングしたわけでもなく780円なのにたっぷり載っています。
麺は太めの平打で強めの食感。いわゆるコシの食感とつけ麺のような食感とがあわさっていて、面白いとは思います。私はどちらかというと柔らかい麺が好きなのでもうちょっと柔らかい方がと思いますが。
3玉のうどんの量はラーメンなら400gないくらいかなぁと思います。無料でここまで増えるなら十分以上でしょう。ただ、1玉だと割高に思えます。2玉でお値段と釣り合うかちょっと割安、3玉なら割安という感じ。

つけ汁はとにかく油。油で食べさせるうどんです。油がキツイので海苔やネギが沢山なんだと思います。無料の刻みタマネギを入れたら幾分油感が薄れましたが、口の中に油が残ります。天かすが置いてありますが、入れる人はいるのでしょうか?
ここまで油でぼかす理由もないと思うのですが、自信をなくし迷走しているのかもしれません。

これで780円なら安くて満腹ですが、アッサリのつけうどんがあれば。トッピングというかサイドメニューも油っこいものばかりで、そこはどうかと思います。炭水化物と油の組み合わせは強力すぎて、それ以外で勝負する理由はないのかもしれません。

たまにはチャチャッとラーメンを食べたい

信濃町の三吉屋でチャーシューメン大盛りを食べました。
700円。
土曜日の夕方、17時半くらいでしょうかMAMEYAを覗くと席がびっしりと埋まっていて、仮に1つくらい席が空いていても出てくるまで30分くらいかかるかもしれないので諦めて三吉屋へ。
週末の夕方、三吉屋も混んでいる日もありますがこの日はガラガラ。ずいぶん極端です。酒の陣のあった週末だったので、そっちへ行ったのかもしれません。私も行きたかったのですが、土日とも日中は外すことが出来ずこうしてラーメンを食べることになったわけです。
ラーメン、チャーシューメン、タンメン、炒飯がありますが、ラーメンでは物足りないような気がしてチャーシューメンを大盛りで注文。
ラーメンは550円で大盛りが600円。ということは普通盛りのチャーシューメンは650円。チャーシュー追加は100円です。
麺を茹ではじめたかと思うと、あっという間にラーメン登場。

f:id:pigumii:20180310173513j:plain


ネギ、チャーシュー、メンマ。
麺は加水率高めの細麺。大盛りにしたこともありますが、ずいぶん量があります。麺の重さは特に計っていないと思いますが、普通盛りの1.5倍ではすまないようなくらい。
スープはなんだか以前よりも塩分強めのような気もしますが、しょっぱいというほどではありません。
チャーシューはいかにも古臭いものですが、あるとないとでは違います。やっぱりあった方がいい。
ちゃちゃっと食べられて美味しすぎないラーメンもやっぱりいいものだと思います。食べるのは早い方なので、二郎もチャチャッと食べているような気もしますが、そうじゃなくて立ち食いそばとか国道沿いの家系みたいな感じでラーメンを食べたい時もあるのです。