新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

あえて避けていたMAMEYAの海老そば

MAMEYAで海老そばを食べました。
680円。
連休中のMAMEYA、空いているんじゃないかと思い夜営業の開店直後に行くと予想通り人がいませんので無事に入店。結局、その後に客が数人入ったので運がよかっただけのようです。最近はいつもこのパターン。
何にしようかと券売機を見ると海老そばがあるようなので、初の海老そばに。
100円高い海苔と味玉が入ったボタンが横にありましたが普通の方で。前日にゆで卵を沢山作ってゆで卵ばかり食べていたので味玉はいいかなぁというわけです。
海老味のラーメンは好きではないので海老味ラーメンは数年ぶりでしょう。かっぱえびせんは結構好きですが、海老味ラーメンはどうも好きになれません。トムヤムクンも結構好きですが、ラーメンの海老味はどうも。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180503171926j:plain


チャーシュー、水菜、玉ねぎ、ネギ、メンマ、海苔。
麺は加水率少し低めの細麺。そばっぽい麺。この細麺は海老専用のものなのか、他の細麺メニューもこの麺なのかわかりませんが、海老によくあう麺です。細麺ではここ1年で食べた中ではダントツかもしれません。
スープの表面は赤い油が浮いています。恐らく油からでしょう海老の香りを強く感じます。スープは濁ったチョコレートのような色。黒い細かな粒が混ざっています。海老の殻を焦がしたものでしょうか。海老とスープとほんの少し苦味と、チーズのようなねっとりとしたものを感じます。鶏油を使っていますが、それとは別の発酵食品のようなねっとり。味蕾は偏在していないそうですが、偏りがあるのではないかと思うくらい舌の先と奥で違うものを感じているような感覚があります。
MAMEYAはマリアージュと形容されるような調和ではなく要素を積み重ねる感じがありますが、この海老そばはその傾向がはっきりと出ています。らしさがあるラーメンです。
でも、美味しいけれども、やっぱり海老味のラーメンは好きじゃありません。
海老じゃなく烏賊ならもう少し愛せそうな気がします。

群馬タンメンはお得で量が多い

フタツメで濃厚タンメンと唐揚げセットを食べました。
700円+180円。
群馬のお店だそうです。ラ・ターブルのすぐ近くにあります。
孤独のグルメを見て太麺のタンメンいいなぁと思い、連休で混んでいることが予想されますが行くことに。実際、開店直後にお店に着いてから座るまで30分、食べ終わるまでにさらに30分かかりました。ちなみに、この日は名前を書く紙は置いてありませんでした。後から並ぶ方はちらちら確認していましたが、並び慣れない私はそんなものがあるかもしれないとは思いも付きませんでした。

食べるのが遅くて回転が悪いのかなぁと思いましたが、どちらかというとタンメンを作る方がボトルネックになっているような感じがしました。
タンメン専門店かと思いましたが、中華屋みたいな一品料理も沢山あります。ここで飲んで〆にタンメン、は私には量的に無理そうですが。
タンカラ、タンギョウのトナリインスパイア系なんでしょう。トナリは食べていないのでタンメン自体が似ているのかどうかわかりません。でも似ているなぁと思うところはちらほら。値段もほぼ一緒なので、だいぶ意識していることは確かです。

 

http://www.tanmen-tonari.com/


トナリのサイトを見ると野菜の量がどうのこうの書いてありますが、フタツメのお店の中にも同じような事が書いた紙が貼ってありました。

基本と思われる濃厚タンメンに唐揚げセットを付けました。孤独のグルメでは餃子を付けていましたので餃子セットと思いましたが、単品の唐揚げは5個で450円に対し、餃子は5個で350円。唐揚げも餃子もセットは3つ付くようなので唐揚げセットの方が60円お得!なので唐揚げセットに。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180430120431j:plain

f:id:pigumii:20180430120309j:plain


野菜はモヤシ、ニラ、人参、玉ねぎ、キャベツ、豚肉、イカ、カマボコ。野菜の量はめちゃくちゃ多くて二郎の倍くらいはありそうです。野菜自体がしっかりと、しっかり以上に味が付いているのでちょっとしょっぱく、タンメンというよりは野菜炒めを載せた感じ。
麺は平打ちの太麺。スープがちゃんぽんみたいな感じですが、ちゃんぽんよりかん水臭さは弱いので、ラーメンっぽさがあります。
野菜の量に対して麺の量は少なく感じます。あくまで相対的にで麺もちゃんと量がありますが野菜が多すぎ。女性だと完食は厳しいかもしれません。
セットの唐揚げも大きく(1個がセブンイレブンのななチキ0.7個分くらいはありそうです)、ニンニク強めの下味がしっかりとついたもの。ご飯は少し柔らかめでしたが十分に美味しいごはんでした。これで180円はお得感がかなりあります。倍の量で500円の唐揚げ弁当を売っても行列になるだろうと思うくらいお得です。
タンメンと唐揚げセットで二郎の小と同じくらいお腹が一杯になりました。
悪くないと思いますが、量が多すぎて残すのは嫌、と変に敷居が高くなってしまうような気が。野菜少なめとか出来るのでしょう。
メニューに濃厚野菜スープというのがありますが、100円安い600円という値段を考えると恐らくタンメンの麺抜きでしょう。これに唐揚げか餃子のセットにするといいかなぁと思いました。つまり野菜が多くて麺の印象が薄く、麺はなくてもいいような気がします。

並び始めてから食べ終えるまで1時間かけたかいはあったと思います。

麺や真玄で豪華なチャーシュー三種盛りの油そば

麺や真玄で油そば豪華盛に特製ちゃーしゅー三種盛りを付けて食べました。
780円+250円
弁天通りの麺や真玄です。ゴールデンウイーク最初の日曜のちょうど11時に来ました。暑さ寒さも彼岸まで、とかいいますが新潟は連休までは寒い日や寒い夜があるように思えます。そんな連休序盤、いきなり暑くなりました。それを見越してか冷たい麺も始まっているようでした。
冷やし担々麺かなにかは既に始まっているようで、シークワーサーのなんとかとか炭酸のなんとかというのを順次、暑くなるにつれ?追加されるようです。
冷たい麺も考えましたが油そばを豪華盛で。さらに豪華に自家製三種のチャーシュー盛りを付けて。

f:id:pigumii:20180429110227j:plain


麺や来味の油そばは油たっぷりで好きではないのですが、こちらはどうでしょうか。同じ感じなのか別物なのか。店名を変えたくらいですから別物が期待されます。
そんなに混まないだろうと思っていましたが、どんどん入って出るころには半分くらい埋まっていたでしょうか。
というわけで油そば登場。

f:id:pigumii:20180429111122j:plain


チャーシューが3種、合計6枚、刻みチャーシュー、味玉半分、卵黄、ネギ、メンマ、バラ海苔。
チャーシューは巻きバラ1枚、純白のビアンカしっとりももチャーシューが3枚、吊るし窯焼き肩ロースチャーシューが2枚。
恐らく、巻バラは最初から入っているもので、ももチャーシュー1枚は豪華盛に含まれるもので、それ以外が三種盛りのものだと思われます。三種盛りにはチャーシューの他に味玉半分も含まれます。卵黄は豪華盛に含まれるのでしょう。
このように合計で豪華盛100円+250円分のトッピングなのでずいぶん豪華になりました。
最近売出し中の純白のビアンカを使ったももチャーシューは鶏ハムみたいな感じ。窯焼きというチャーシューはこれをデフォルトのチャーシューにした方が、と思うくらい。脂が強くなく巻バラよりも好き嫌いは少ないんじゃないかと思います。ただ油そばには巻バラが一番似合っていると思います。
麺は太麺。思いの外美味しく、普通盛りでしたが大盛か特盛にしておけばと思うくらい。タレは少し辛味があり、麺や来味とは違い油は控えめ。
無料の調味料が沢山出てきました。覚えている限りではタレ、酢、ラー油、一味、マヨネーズ、ケチャップ、粉チーズ、辛味噌、おろしニンニク、揚げニンニクとゴマと辛味を混ぜたもの、などなど。あと2つか3つくらいあったような印象。こんなに沢山の種類を出してくれるならメニューに書いてアピールすればいいのに。もったいない。
麺は一気に2/3くらい食べてしまったので、最後に揚げニンニクを入れて完食。
とにかく麺が美味しく、この麺で玄二郎が、と思わなくも。玄二郎好きでもなかったですけど。