新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

トムヤムクンのラーメンを食べたら巡りたくなった

古町アジア6番町でトムヤムラーメンを食べました。
880円。
古町周辺を歩いていたらノボリや黒板が目に入りました。人情横丁の東堀側入り口付近の蕎麦屋の2階にあるお店のものです。
ちょこちょこお店は変わっていて、以前はカレー屋だったような記憶が。
2階なのでちょっと入りにくいですが、お昼を食べていなかったので試すことに。
メニューはご飯ものとラーメン。全て880円。高いですがライスとドリンクが付きます。ドリンクは烏龍茶かベトナムコーヒー。
ラーメンはトムヤムクン、台湾ラーメン、台湾まぜそば、などの他に普通のラーメンも1種類ありました。
台湾ラーメンと迷いましたがトムヤムラーメンに。
細麺と太麺が選べるということで細麺に。どのメニューも太麺は似合わなそうな気がしますが、麺によるでしょうか。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180520124635j:plain

ライム、かいわれ大根、レモングラス?モヤシ、エビ。
麺は加水率高めの少し縮れたもので、そんなに細くありません。
スープはトムヤムクンで甘みと酸味と辛味。結構辛いのですが、口に残る辛さではないので辛くて食べられないという感じはありません。
食べ終わるタイミングでコーヒーが出てきました。もうちょっと練乳欲しいなぁと思いましたがセットならこんなものでしょう。
久しぶりにトムヤムクンを食べました。クセになるというか、食べたばかりだというのにまた食べたいなぁと思ってしまいます。

えぼし美味しいよね、味噌、醤油、餃子、隙きがない

えぼしで煮干し中華とランチセットを食べました。
700円+250円。
亀田のアピタの向かい、やよい軒と同じ敷地にあります。入りやすいようなそうでもないような立地ですが、ドコモショップもあるくらいですから、そこまで悪くないのでしょう。ここよりバイパス側にもいくつかお店がありますが、ここまでいくとはっきりと入りにくい気がします。
味噌ラーメンがメインのお店ですが餃子定食が気になっていて食べようかなぁと券売機の前に立ったのですが、やっぱりラーメンが食べたい。
券売機をよく見ると限定っぽいボタンがありますがバツ印が点灯しています。それならばと食べていない煮干し中華ボタンを。さらに餃子とライスのランチセットも付けることに。
カウンターに置いてある難易度が高い知恵の輪みたいなのをしばらくいじりましたが、まったくどうにもなりません。
私のあとから入ってきた方は全員が餃子をつけているような感じでした。どうやら餃子も人気があるようです。そんな餃子への期待が高まったところでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180531113222j:plain


チャーシュー2種類、かいわれ大根、ネギ、メンマ、味玉半分。
見た瞬間から美味しいラーメンです。やっぱり見た目は大切です。
麺は細麺で加水率が少し低めでパツパツした食感。
スープは煮干しがぐっときます。タレは最初に醤油の風味を強く感じますが、甘みが強く食べていくとそれに埋もれてしまいます。
私は麺類に限らず甘めの味付けは好きではないので、この甘さは気になります。ただ、それでも美味しいです。
チャーシューはパストラミみたいな胡椒のついたものと、バラ。
パストラミみたいなチャーシューはこのラーメンにすごくあっています。ラーメンにチャーシューはつきものですが、惰性というか特に意味もなく載っているものが大半で、このラーメンのように意味があるものは稀。ハムサンドのハムは重要ですし牛丼の上に載っているものも重要です。一方でチャーシューメンのチャーシューはそれらと比べるとバラバラな感じがあります。ラーメン業界はチャーシューのあり方についてもっと考えた方がいいでしょう。
餃子は2個、少し大きめで手作りなんでしょう。私の好みは餡がぎゅっと固まった感じのものですが、こちらは皮を含めふんわりした感じ。ご飯はよくある半ライスじゃなくて半分じゃないライスの量。これで250円なら十分でしょう。
味噌も醤油も餃子もハイレベルです。次に何を食べるか楽しみです。

紅生姜は天ぷらにした方が美味しいことを知った日

そばうどんで紅生姜天そばを食べました。
480円。
新潟駅前にある立ち食い形式の立ち食いじゃないお店です。この日もまた17時という中途半端な時間に入りましたが、客がちらほらいます。ちらほら程度で儲かるのかわかりませんが、以前と比べたらずっと入っている感じはします。
食べていないメニューの中では、かすうどんが気になっているのですが、うどんというよりもそばの気分だったので、やはり食べていない紅生姜天にしました。
券売機を見るとかけ中華が前日可能になり、ランチが始まったようです。
というわけでそば登場。

f:id:pigumii:20180525165002j:plain


ワカメ、ネギ、紅生姜天。
麺は平打のような形状で食感は弱め。ラーメンの場合、麺が硬い方が美味しいと考えている方が多いように思えますし、蕎麦としては食感が強めのへぎそばを考えるとやはり硬めの方が人気が出そうな気がしますが、このお店ではうどんも柔らかめなので、柔らかくても受け入れられる方向を目指しているのでしょうか。
つゆはいわゆる関東風。紅生姜天は紅生姜と玉ねぎのかき揚げで、思いの外美味しいです。紅生姜をそのまま食べるよりもワンクッション置いたような感じでツンツンした感じがありません。そして醤油色のつゆに合います。
池波正太郎だっと思いますが、田舎風のざるそばをワサビではなく生姜で食べるみたいな事が書いてあり、それに習い夏になるとおろし生姜で食べるのですが、紅生姜天も冷たい蕎麦に合いそうです。