新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

MAMEYAの全く新しいカレー味のなにか

MAMEYAでつけそば特濃カレーを食べました。
680円
夏のMAMEYAは何か限定メニューがあるのではないかと思い、中の様子を伺うと客は誰もいないのでチャンス。
入り口左手の券売機にはA4の紙につけそば特濃カレーというのが貼ってありました。なんでもMAMEYA史上最も濃いカレーに麺を2玉。
カレーは夏っぽい気がしますので、よく考えずにそのボタンを押します。
一見、冷房の効いていなそうなお店に見えますが、ちゃんと効いています。ラーメン屋は換気扇を回しっぱなしなので冷房を効かせるのも大変だと思いますが、特に今年の猛暑では、案外効いているお店が多いように思います。
ガラスというガラスには断熱材を貼りたいところですが、貼ってしまうと私のように中の様子を伺って入るかどうか決める客は遠ざかるでしょう。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180729173054j:plain

汁なしという表記ではなかったので、つけ麺のスタイルだろうと予想していましたが、そうでした。
ただ、つけダレに相当するものはご飯にかけるカレーよりもずっと固いもので、大量の麺を食べきる前に無くなってしまうのでは?という不安が。
つけダレ相当のカレーには玉ねぎ、ネギ、水菜、メンマ、チャーシュー。この辺は他のメニューと同じです。
麺は細麺で、結構大きな丼に並々と入っています。そこには水切りの板がありますが、400g近くありそうです。
麺をとってカレーにくぐらせたいところですが、固くてくぐらせるというよりは載せる感じに。
つけ麺の感覚では食べられません。食べていくと一口ずつまぜそばを作るようなイメージが適切のような気がしてきました。
ガラムマサラが提供されるので、それをかけたり、玉ねぎを絡めたり、チャーシューを絡めたりと一口ずつ味を変える楽しみがあります。ただ、その場合、もうちょっと何か味変アイテムが欲しい。
玉子とかチーズとか唐辛子とか。しかし、680円でそれを望むのは酷でしょうか。
麺と同じ量のご飯をこの量のカレーで食べられるかというと難しい(ご飯が余る)気がするので、麺ならちょうどよく食べられるのは不思議な感じ。
MAMEYAは学生の客が多いので、安く沢山食べさせたい、というのが狙いなのかなぁと思います。
カレーはすごく美味しいのですが、すごく変なものを食べた気がします。可能性というか発展性、伸びしろはありそうです。
ただしカレーライスを混ぜてから食べる方には全く向かないと思います。つまり、麺全体にカレーを絡めるのは不正解でしょう。その点ではつけ麺ではなくイタリアンに寄せた方がわかりやすいように思えます。
食べるべき問題作です。

二郎こそ暑気払い

二郎で小を食べました。
750円。
暑気払いに二郎を食べに行きました。
33度、34度と何日か続き、ここは鰻と言いたいところですが宗教上の理由でうなぎを食べるのは数年前から辞めました。そもそも冬が旬のうなぎを夏食べる理由もない、という話もありますし。
というわけでラーメンです。
冷たいラーメンではスープを飲まない気がして塩分補給になりません。そして冷たいラーメンでは肉が固くなります。普通のラーメンが必要です。
辛いラーメンも考えましたが先日食べたセブンの北極で懲りたのでやはり普通のラーメン。
となると猛暑には二郎が最適でしょう。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180725110851j:plain


結論から書くと、この日はいい二郎でした。
このところ麺はザラザラとしたものが続き、それが狙いなのかわかりませんが、私は気に入らなかったのですが、この日はザラザラがありません。
スープは醤油ダレのキレがよく、塩分補給が捗ります。
ただ豚が薄くて、これなら小豚でも食べられたなぁと少し後悔。

冷たい汁なし担々麺の完成度が完成していた

麺や真玄で冷やし汁なし担々麺の大盛りを細麺で食べました。
780円。
新潟駅方面から弁天橋通りを進むと鬼にぼがのぼりを出していました。11時5分くらいでしょうか、11時開店なのか11時半開店なのかわかりませんが、中途半端な感じがしてとりあえずスルー。目的の麺や真玄に入ります。
目的は多様な冷たい麺です。メニューには全部で9種類、さらにつけ麺も9種類。普通のラーメンはメニューが落ち着きましたが、冷たい麺とつけ麺はやたらと種類があります。
ちょっと悩むところですが、経験から学ぶ賢者は端から頼むのが正解だと知っています。というわけで冷やし汁なし担々麺の細麺を注文。

f:id:pigumii:20180718111140j:plain


メニューには「大盛り・特大盛り・追い飯・追い麺 全無料」と書かれています。大盛りの注文に対して追い飯や追い麺も無料なのかわかりませんが、無料なんでしょうか。変な方向で頑張っているような気もしますが、経営的にそれが変な方向なのかは知り得ません。上手く行く方向であればと思います。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20180718111554j:plain


ネギ、メンマ、辛い肉味噌。
麺は細いストレート。しめてあるので食感はかなり強め。東堀来味よりは短いでしょうか。
とろみがある坦々の部分はゴマとピーナッツでしょうか。恐らく山椒の粒が沢山入っています。
麺に絡めるようにしても、麺とまぜるようにしてもいいですし、トッピングに生卵があるようなので、それをつけても良かったなぁと。
辛さはそれほど強くありませんので、トッピングなどでさらに辛いものがあってもよさそうです。

担々麺は重いというか、どっしりした感じのものが人気があるような印象がありますが、ここの冷たい担々麺は夏に食べやすい軽さと人気がある重さとのバランスを図ったような感じで、上手く仕上がっていると思います。
来味の汁なし担々麺は温かい方が美味しいと思っていましたが、冷たいものもかなり美味しくなっていました。まず文句は思い浮かばないないでしょう。
体を冷やす系ではありませんが、夏に食べたい系です。