新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

エビがザクザクとしたワンタンの塩ラーメン

とみ屋で中華そば塩ワンタンTPを食べました。
930円
東堀のとみ屋へ。今回が3回目。最初は半チャーハン付きの醤油、その次も醤油だった気がするので今回は醤油でないものをと思い塩に。
更にワンタンが気になるのでワンタンTPに。
TPというのは券売機の表記です。トッピングを意味していると思われますが、別に書かなくてもわかるような気がします。
ちなみに塩の方が醤油より高くて、ワンタンTPとチャーシューTPは同じ値段でした。
土曜の昼ですがそこそこ席は埋まっていました。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20181103115330j:plain


ワンタン、チャーシュー、ネギ、メンマ、三つ葉。
麺は細め。特別な感じはしませんが不足な感じもなし。
スープは貝っぽい旨味を感じます。置いてあった100円引きのチラシにはだしは鶏となんかと書いてあったような気がしますが貝は書いてなかったと思います。塩ダレに貝を使うことはありますが、タレに使っているのか、私がわからないだけか。
チャーシューは臭みがなく邪魔をしません。ワンタンの餡はザクザクとした塊の海老がメイン。というか海老しか入っていないのでは?という気がするくらい。海老風味が凄いので、ただ海老を包んだ訳ではないと思います。
ワンタンの餡はムチムチとしたものが好きですが、これはこれで面白い。
透き通ったスープの塩ラーメンって旨味でごり押ししているものが多いと思うのですが、バランスよく出来ています。
もっと流行ってもよさそうですが、駐車場がないお店はやはり厳しいのでしょうか?

なぜか日本酒がついてくる立ち食い蕎麦

そばうどんで越前冷やしおろしそばを食べました。
650円。
新潟駅前の立ち食い風のお店です。
ちょっと前にも行ったばかりでしたが、気になるメニューがあったのでまた中途半端な時間に行きました。
やっぱりこの日も中途半端な時間なのに食べている人がちらほら。ちらほらで儲かるのかわかりませんが、いないよりはマシでしょう。
気になるメニューは日本酒がつく二つ。一つはおろしそば、もう一つは肉うどんです。
どちらも北雪のお酒がつくと券売機に書いてあります。
肉そばよりはおろしそばの方が日本酒にあうだろうと思い、券売機のボタンを押します。
食券を持っていくと日本酒をつけるかどうか聞かれたのでお願いしました。日本酒は冷たいのと常温があるというので常温で。おろしそばは温かいのと冷たいのがあるというので冷たい方をお願いしました。
中途半端といっても17時ころだったので日本酒を付けても不思議ではありませんが、朝から付くのでしょうか?飲まない方向けには替わりに海苔とか何かつけたらいいと思いますがどうなっているのでしょうか。
というわけで蕎麦登場。

f:id:pigumii:20181028182159j:plain


ネギ、鰹節、大根おろし。
日本酒は北雪の鬼ころしだそうです。知らなかったので検索してみたら超大辛口とあります。佐渡のお酒は辛口が多い気がしますが、真野鶴と比べたらちょっと辛いかなくらいです。真野鶴のクソ辛いやつを遠心分離したらどんな感じになるのか興味があります。遠心分離は好きじゃないのですが。
相変わらず小鉢にそばつゆを入れていますが、そば猪口にすべきです。小鉢では浅くて食べにくいので蕎麦にぶっかけました。ぶっかけでもどちらでもいいようです。


地元で論争も? 「越前おろしそば」に正しい食べ方はあるのか


蕎麦は黒いぶつぶつが混ざっている挽きぐるみ風ですが、つるつるとした食感です。もうちょっと太いといいのになぁというのが正直なところ。ただ、立ち食いなら十分以上。
大根おろしは辛いやつで、本物もそういうもののようです。で、これを温かいつゆで食べるのはちょっと変な気もしますが、それでも一度食べてみたい。でも冷たい方があうと思います。
ネギ、鰹節、大根おろしがたっぷりと入っていますが辛味のせいかさっぱりとした感じは中華麺ではなく蕎麦だからでしょう。中華麺だと、どっしりとした感じになると思います。
日本酒込で650円ならいいかなと思いますが、飲まないなら高いかなぁと。
飲んだ〆なら日本酒込でちょうどいいでしょう。
港屋インスパイアより、おろしそばをガッツリ風にアレンジしたら成功するんじゃないかと妄想するくらいには美味しかったです。
港屋よりこっちの方が流行るべきです。
福井のソースカツ丼とあわせて現地で確かめたいところ。

以前催事で食べた長尾中華そばとは違う気がする

伊勢丹の催事で長尾中華そばを食べました。
800円
伊勢丹の催事はテレビ局のやつで、この先の予定を見たら別の局のものも今月あるようです。テレビで宣伝するせいでしょう。平日でも人が沢山です。
催事は北海道、九州・沖縄が人気ですが、それよりも人の入りはよさそうな気がしますが、実際のところどうなのでしょうか。
メニューは煮干し中華そばとそれのチャーシューが沢山載ったもの、数量限定の濃厚煮干し。
普通のにしておきました。
ちょうどお昼どきということもあって、行列が出来ていて、座ってからもちょっと待ちました。催事で並んだのは久しぶりです。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20181102115558j:plain


チャーシュー、メンマ、ネギ、麸。
麺は縮れた細めの中太。ツルツルとした感じでもモチモチとした感じとも違う、主張は弱いけれど縮れのせいか控えめというわけでもなく面白いです。
スープは浮いている油だと思いますが、一口目がかなり苦い。ワタの苦味でしょうか。纏わりつくような口に残る苦味。スープはエグミのない煮干しで醤油の風味が強め。
口に残る苦味とエグミのない煮干しの組み合わせは面白いとは思います。こういうラーメンがあるので連食する人は信用していませんが、連食する人は気にならないのでしょうか?
チャーシューは腕?長尾中華そばは以前にも催事で食べたような気がしますが、その時はかなりあっさりなスープに脂身のついたチャーシューで、その組み合わせが面白いなぁと思いましたが、今回食べたものは普通のラーメン風でした。
普通のラーメンを綺麗に作った感じ。それが悪いというわけではないのですが、催事で食べるのはもうちょっと変わったものがいいかなぁという気はします。

催事というイベントで食べるよりも、気が向いた時に食べたいラーメンという感じ。
木村屋のアンパンとでかいシナモンロールみたいなものを買いましたが、シナモンロールみたいなやつはあんぱん5個よりも安いのに3倍くらい量があってお得感がありました。