新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

一風堂で豪遊した

一風堂で白味元味のCセットと替え玉を食べました。
720円+200円+130円
久しぶりに一風堂に来ました。数年前、恐ろしく美味しいのに当たりましたが、それ以降は当たりがありません。

平日のお昼ですが、一人客中心で長いカウンターはかなり埋まっています。見ると白い丼よりも赤い丼の方が多く出ているような感じ。冬季限定の味噌も赤い丼のようなので、それで赤い丼が多いのでしょうか。

久しぶりにアタリ出るでしょうか?
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20181127122612j:plain

チャーシュー二種類、ネギ、もやし、きくらげ。
麺の硬さは普通にしました。低加水の細いストレートですが、普通でも十分に硬いです。
スープはかなり平坦な印象。豚骨の臭みは全くありませんが、タレの主張も弱い。良く言えばバランスがいい。余計な感じはなく不足も感じません。ただ平坦というだけで。
ゴマ、胡椒、紅生姜、ニンニクなどでバランスを崩していけばいいのかもしれないと思い、替え玉を注文。
替え玉は柔らかめ(やわめ)にしました。硬くて美味しくなる麺は基本的に無いと考えています。パンは柔らかいのが好まれるのに麺は硬い方が好まれるというのは謎です。ちなみにパンは基本的に硬い方が好きです。柔らかいパンは油分で柔らかくしているものが多く、それが好きじゃないから。
替え玉はもう少し量が少ないかと思っていましたが、ちゃんと一杯分くらいありました。
チャーシューはバラとウデ?カタ?の二種類ですが、バラはいいのですが、もう一方は臭みが少し残っていて、豚骨らしい臭みとはまた別のものなので、これなら無理に入れなくてもと思います。

唐揚げとご飯は少し遅れて来ました。

f:id:pigumii:20181127122955j:plain

唐揚げにはレモンも添えてあり、居酒屋のようです。
唐揚げはもっと雑なものが出ると思っていたのですが、ちゃんとした唐揚げでこれが200円追加なら400円出して倍を持ち帰りたいくらいです。

ラーメン屋で1000円以上払うことはほとんどありませんが、たまには豪遊するのもいいものです。

 

えぼしの追い節味噌

えぼしで追い節味噌を食べました。
850円
亀田のえぼしへ。久しぶりだと思います。前回は煮干し醤油だった気がします。
なので普通の味噌をと思ったら券売機に追い節味噌というボタンがあったのでそれを押しました。餃子とご飯のセットをつけようか一瞬だけ悩みましたが止めておきました。
平日のお昼の開店直後でしたがそこそこの客入り。人気店なんでしょうか。味噌はかなり美味しいのでそれも当然でしょう。
カウンターに置いてある知恵の輪みたいな奴を一生懸命いじっていましたが全くどうにもなりません。解き方動画とかあるのでしょうが検索していないのでわかりません。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20181121110536j:plain


出てくると鰹節?の匂いがします。
炒めたもやし、キャベツ、挽き肉、チャーシューが二種類、ネギも二種類。
麺はストレートの中太で、かんすいが強め。
スープは白っぽい味噌。味は節っぽい感じはそれほどではなく、普通の味噌より甘味が弱くすっきりした感じ。味噌ダレが違うのでしょうか?普通の味噌はもっと甘かったような気がしますが、気がするだけかも。
節系の香りがするので、なんだか背脂がなく脂っこくないだるまやみたい、と思ってしまいました。
普通の味噌の方が好みです。

スタッフが変わった二郎は野菜が冷めていた

二郎で小を食べました。
750円
スタッフが変わったと話題なので行ってみました。私が行くのはたいてい平日の昼営業。夕方行く事もありますが、年なので朝まで経って消化しきれない感覚が精神的に辛いので昼営業ばかりになりました。
昼営業はたいてい同じ方で、それが辞めたと話題の方。客さばきが明確で慣れている方にはスムーズに感じていたと思います。新しい方はどんなものか、スタッフが変わると味も変わるのかなどなど興味があります。
年で小以外は食べられそうもないので小のボタンを。
開店から間もないのですが、開店前から待っていたわけでもなく入ったころにはファーストロットは既に作り始めていたので次のロットかと思いましたがファーストロットでした。この辺の(よく言えば)柔軟さは二郎です。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20181109110522j:plain


見た目はいつもと同じ新潟の二郎です。ただ野菜が冷えていました。麺上げと野菜を上げるタイミング、あうんの呼吸はまだまだということなのか、ファーストロットの最後だったからか。
ホカホカの野菜は絶妙だったので、少し残念。
時々ありますが、麺の太さが太いのと細いのが混ざっていました。これは製麺にかける人手が足りないからでは?と考えています。というのも、営業時間に製麺機を動かしている時はそんな事がないから。人手が足りず営業時間外にやらざるを得なくなり、手が回らないのでは?と予想。
ただ、二郎の場合は雑なくらいで丁度いいと判断される素地があるので、麺の雑さが悪いかどうかは難しいところ。
私は小綺麗なところが新潟二郎のいいところかなと思っているので、麺が安定する方がいいです。
スープと豚はこれまでと変わらず。スープは時間帯によって違いますが、11時代が好きです。
あとは
「大ですか小ですか?」

「小ですか?」
に変わっていたことぐらい。

追記

ちょうど一週間後の11時半くらいに行きました。前回よりはしょっぱいけれど、麺は荒れた感じではなくなり、野菜は茹でたてではないものの冷えてはいなくてよろしい。

f:id:pigumii:20181116115209j:plain