新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

麺や真玄もメニューが安定してきた

麺や真玄で極み煮干しらぁめんの大盛りを食べました。
680円
弁天通りの麺や真玄に久しぶりに行きました。13時頃でしたが、おおよそ席は埋まっていて、客が出てもすぐに入るでフロアの方はだいぶ忙しそうにしていました。
メニューは変遷がありますが、前回と比べて落ち着いたようです。
限定なのか、別紙に昭和中華そばというのがありました。東堀来味っぽいのかなぁと思うのでやめておいて別のものに。それにしても、いずれは平成っぽいラーメンという感覚も生まれるのでしょうか。
つけ麺が美味しいのでつけ麺を食べることが多かったのですが、寒かったこともあり基本と思われる極み煮干しらぁめんを大盛りで注文。
大盛り、特大盛りが無料です。しゃがら系列の値付けへの対抗と思われますが、そのお店の勢いが落ちているので、いずれは大盛り50円増し、特大盛り100円増しくらいになるのかなぁという気が。消耗戦って感じがして、いいものではないと思います。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20190121130523j:plain

味玉半分、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。
麺はストレートで細目の中太。クセもなく無難な感じにまとめているのは上手いと思います。主張は弱いですが、こだわりがありそうな雰囲気の低加水でイマイチな麺よりずっといいと思います。
スープは煮干しが香りますが、出汁よりはタレの主張が強い。少し甘みが強調されたもので、麺や来味にありそうな醤油のクセは抑えめ。
煮干し系が苦手な方でもそれほど気にならないと思います。
チャーシューは巻きバラで、片面に焼き色が付いています。しっかり縛ってあったのか、つなぎみたいなのを使うのか、侍元やまっくうしゃと比べてビヨーンとなりにくい気がします。
清水も無化調で基本のラーメンは安いのですが、ここも無化調で安く、無化調でも出来ることは色々あるようです。

どうしても豚骨に思えない

ドカメンで豚ダブルを食べました。
960円
市松から変わったドカメンです。
前は豚そば(以前の名前は小豚だったような気が?潤の小豚と違うものであることを明確にするために変えたのでしょうか)を食べたので、唐揚げとかがセットの定食にしようかなぁと思いましたが、前回食べた時の印象ではご飯にあうイメージがないので豚ダブルにしてみました。
ニンニクを入れるか聞かれたので入れてもらいました。
既に床がヌルヌル気味に。見ているとフロアの方は靴は履き替えていないようです。白根ではヌルヌルどころかツルツルになり、転ばないようにと張り紙がしてありましたが、このままだと数ヶ月もしたら張り紙に頼る必要がありそうです。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20190119124609j:plain

もやし、キャベツ、チャーシュー、玉ねぎ、きくらげ、ニンニク。
前回と同じように混ぜてから食べるようにと指示がありました。しかし、混ぜにくい。多少スープがこぼれようが丼の下のお皿が受けるので気にしなくてもいいのでしょうが、気になります。
麺は昔のなおじろうを柔らかくしたようなな麺。ラーメンらしさをデフォルメしたような感じで悪くないと思いますが、時代の流れとは違うのかなと思います。
麺の量は前回と比べて気持ち増えたような気がします。
スープはやっぱり鶏っぽい乳化したもの。検索して色々見てみたら動画の中で店員さんが豚骨と話しているのがありました。
どうも私には食感も味も豚骨とは違うように感じます。食感はゴロゴロとしたミセルが大きい感じで、DLSで測定したら豚骨のみと比べたら明らかに違うと思うのですが。私の舌がどれだけわかるのかを考えると豚骨なんでしょう。
豚骨なのかわかりませんが麺などとのバランスは面白いと思います。
チャーシューは前回食べた時と比べると普通、見た目通りの印象。美味しい方だとは思いますが、値段を考えるとチャーシューを沢山食べるなら別のところがいいかなぁという気がします。
ニンニクは前回も入れてもらいましたが、なくてもいいかもしれません。逆にニンニクを多くしてみたいとも思います。
受け入れられる可能性は十分にあると思いますが、とりあえず床は白根のようになる前になんとかした方がいいんじゃないかと思います。
量はそれほどガッツリではありませんが、お腹が減らない感は二郎並なので、持続性に関してガッツリ感は十分だと思います。

東堀のとみ屋の人気が出てきたらしい

とみ屋で中華そぱチャーシューTPを食べました。
880円
東堀のとみ屋です。土日祝日はどこも混んでいそうなので、あまりラーメンを食べないのですが、食べたかったので混んでなさそうなここに。
12時半くらいでしたが、満席。
おかげで、ゆっくり券売機を見ることが出来ました。
ゆっくり見ましたが、最初からチャーシューTPにする事は決めていました。チャーシューが結構美味しく、最近のあっさり系の中ではチャーシューが臭くない。
チャーシューを増やすことを決めたら、あとはスープ。中華か、煮干し中華か、醤油か塩か。4種類あります。
今回は中華の醤油に。
少し待って着席。麺が細いおかげでラーメンはどんどん作られます。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20190114123804j:plain

チャーシュー、ネギ、メンマ、三ツ葉。
麺は細麺で凄く美味しいという感じでもありませんが、細くてもそれなりの主張。ただ、麺を全面に押すというのではなく、麺とスープのバランス重視。
スープもやはりタレと出汁のバランス重視。
なんとなく塩の方がタレの主張が強い気がしますが、醤油の方を食べる事が多いので自信はありません。
チャーシューは沢山あるとうるさい感じで、トッピングはワンタンの方がいいかなぁというのが結論。

私の後も客は絶えず、常に満席の状態。駐車場がないけれど結構、人気店になったようです。何を食べても美味しいのでリピートしやすいのかなと思います。