新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

ラーメン店名の「せっぺ」は五泉の方言

せっぺで潮ラーメンを食べました。
750円。
みんな大好き十郎の向かいにあったホームラン食堂の跡地に出来たお店です。
ホームラン食堂が閉店後、すぐに出来たので居抜きでそのままだろうと思いましたが、カウンターは真ん中で割れ、内装もけっこう変わっています。入り口左手にあった券売機はなく、真っ二つに割れたカウンターで精算するスタイルに。
看板を見ると「せのべ」か「せっぺ」かわかりませんでしたが「せっぺ」だそうです。カウンターの向こうにある能書きに書いてありました。なんでも五泉の方言だそうです。ということは、五泉方面の方がやっているのでしょう。
とりあえずメニューの一番上の潮ラーメンを注文。
他には醤油と味噌。
潮をしおと読むのかうしおと読むのかわからないので、ふりがなを振るか塩と表記してほしいのですが、なんで潮と表記するのでしょうか。岩塩ではないことをアピールしているのでしょうか。私ならこだわりの海塩を使っていても潮の表記は使いません。
ランチは100円で日替わり丼が追加でき、この日は鶏タレカツ丼でした。私は頼みませんでしたが、ちらっと横目でみた日替わり丼は100円には見えないものでした。
ということでラーメン登場。

f:id:pigumii:20171031114620j:plain


メタル丼にメンマ、ナルト、ネギ、揚げネギ、水菜、鶏チャーシュー、柚子の皮。
麺をすする前に何かふっと香りましたが、それが何かわかりません。すごくいい香りですが、ほんの一瞬。
鶏は越の鶏という銘柄鶏を使用しているようですが、正直よくわかりません。臭み消しなのか香辛料が強く効いていて香りも出汁も全否定するような感じで、ちょっとどうかと思います。
麺はこだわりがなさそうな感じもちょっともったいない。
なんというか、詰めが甘いというかもう少し拘りが伝わればと思います。