新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

紅生姜は天ぷらにした方が美味しいことを知った日

そばうどんで紅生姜天そばを食べました。
480円。
新潟駅前にある立ち食い形式の立ち食いじゃないお店です。この日もまた17時という中途半端な時間に入りましたが、客がちらほらいます。ちらほら程度で儲かるのかわかりませんが、以前と比べたらずっと入っている感じはします。
食べていないメニューの中では、かすうどんが気になっているのですが、うどんというよりもそばの気分だったので、やはり食べていない紅生姜天にしました。
券売機を見るとかけ中華が前日可能になり、ランチが始まったようです。
というわけでそば登場。

f:id:pigumii:20180525165002j:plain


ワカメ、ネギ、紅生姜天。
麺は平打のような形状で食感は弱め。ラーメンの場合、麺が硬い方が美味しいと考えている方が多いように思えますし、蕎麦としては食感が強めのへぎそばを考えるとやはり硬めの方が人気が出そうな気がしますが、このお店ではうどんも柔らかめなので、柔らかくても受け入れられる方向を目指しているのでしょうか。
つゆはいわゆる関東風。紅生姜天は紅生姜と玉ねぎのかき揚げで、思いの外美味しいです。紅生姜をそのまま食べるよりもワンクッション置いたような感じでツンツンした感じがありません。そして醤油色のつゆに合います。
池波正太郎だっと思いますが、田舎風のざるそばをワサビではなく生姜で食べるみたいな事が書いてあり、それに習い夏になるとおろし生姜で食べるのですが、紅生姜天も冷たい蕎麦に合いそうです。