新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

【夏季限定】笑星のつけ麺

笑星でつけ麺を大盛りで食べました。
1050円
久しぶりに笑星へ行ったら夏季限定でつけ麺がありました。
確か普通のつけ麺が950円で、辛いのと濁が1050円、大盛りが100円増しだったような気がします。
笑星のつけ麺はメニューリニューアル直後にもやっていたことがありましたが、美味しかったのになくなってしまいました。
正直、値段の割に面倒なんだと思います。
それにつけ麺の方がトッピングやサイドメニューを足す率が低く利益率が低いんじゃないのかなぁと考えているのですが、実際にデータを見たことはありません。
つけ麺にチャーシュー増やすと邪魔くさいですから私はほとんどつけません。
具だくさんでも気にならなかったつけ麺は孔明のオン野菜つけ麺くらいしか記憶にありません。
つけ麺にピッタリのトッピングが発明されれば、再びつけ麺が隆盛を取り戻すかもしれません。

さて、このつけ麺に私がトッピングしたいのはネギです。
私はネギが合うラーメンは美味しいラーメンだと考えていますが、このつけ麺はネギがよく合います。
つまり美味しいつけ麺です。
あと、つけダレの器が持ちやすい。
今までに食べたつけ麺で一番持ちやすいんじゃないのかと思うくらいに持ちやすい。
食べ終えて少ししたら親指に極小さな水ぶくれが出来たくらいに熱くなっていたのですが、食べている時はその熱さが気にならないくらいに持ちやすいのです。
熱くて持ち続けられない器でも火傷することなんてないのに。不思議です。
とにかく美味しいつけ麺でした。
また食べたいと思います。

まっくうしゃのつけ麺大盛り120円有料化

まっくうしゃでつけ麺を大盛りで食べました。
850円+120円
なんでもいいから、つけ麺が食べたいなと思い、駅南のまっくうしゃへ。
つけ麺が食べたかったのでつけ麺を大盛りで注文。
すると「大盛りは120円増しですがよろしいですか?」みたいに声をかけられました。
メニューに書いてあるから承知していましたが、長いことつけ麺大盛り無料でやっていたので知らずに注文する方も多いのでしょう。
レジ袋有料化もそうですが、無料だったものを有料に変更するのはそれなりのカロリーが必要そうです。
私はレジ袋有料化はよかったと思っていますし、店員さんだって面倒でしょうし、もうそろそろ聞かなくてもと思います。
なので、最初からなんでもかんでも有料にしてしまった方がいいんじゃないかと思います。

f:id:pigumii:20220316141025j:plain

みそつけ麺登場以来、みそつけ麺ばかり食べていたと思いますが、久しぶりの普通のつけ麺は美味しかったです。
会計時にレジに麺の量が変わったことなどが書かれた紙が貼ってありましたが、字が小さいし、入店する方を塞ぐかっこうになるので読まずに出ました。
麺の量自体は以前より増えてるみたいな内容のように見えたのですが、よくわかりません。

生姜ラーメンと肉

最近はほとんどラーメンを食べていないのですが、新津の粋翔で食べた肉ジンジャー?が印象深かったので。
醤油と味噌があり、醤油が基本だろうと思い醤油を注文。
ラーメンを待つ間、他の客の注文を聞いているとかなりバラけているようです。看板メニューがないとみるか、何を食べても外れがないと見るか。

f:id:pigumii:20211214115055j:plain

見た目は大量の肉を載せただけの雑なラーメンですが、食べてみたらそうじゃない。
スープは何か入れ忘れたのかと思うくらいに、拍子抜けするくらいにスッキリとしたもの。肉とラーメンを分離するかのような、スッキリとしたスープが主張です。
昨今の(昨今どろこか恐らくここ20年くらい)ラーメンは要素を重ねていくのがセオリーですが、そのセオリーは無視して肉をメインに据えたラーメンになっています。
よくあるラーメンをワンプレートとするなら、このラーメンは定食に仕立てたような主張です。
肉とスープと麺とご飯の定食です。
要素を重ねてゴテゴテとしたラーメンはどうしても主題が隠れてしまいます。隠れるというよりもラーメン全体が主題なのでしょう。
しかしこのラーメンは違います。
主張が隠れないように(恐らくあえて)シンプルにすることで独立させ明確にしています。
勇気がありますし、主張を明確にするからには自信があるのでしょう。
(十分に美味しいけれど)めちゃめちゃ美味しいというわけではありませんが、これほどまでに自信満々で主張を感じさせるラーメンは初めてで、驚きました。
素晴らしいラーメンです。


f:id:pigumii:20220304113531j:plain

で、味噌もあるので食べてみました。
一般的?にはあっさりの醤油ラーメンはあっても、あっさりの味噌ラーメンはありません。もちろん、存在しないわけではありませんが少ない。
どうなってるのかなと興味がありました。
結論から書くと、割と普通の味噌でした。
味そのものは普通っていうほどではありませんが、味の組み立てみたいなものが普通の味噌ラーメンです。
なので、肉がたくさん載っている味噌ラーメンみたいな感じで、醤油にあった主張はかなり弱くなってしまっています。
醤油と同じように肉の切り方が一定ではなく、厚いもの薄めのもの、斜めに切られたものなどが混ざっていて、デフォルトのチャーシューが増えるチャーシュー麺とは違い、肉で食べさせる主張は感じます。
でも醤油の方がいいと思います。

f:id:pigumii:20220307120148j:plain

ついでに青島チャーシューにチャーシュー100円
朱鷺メッセ横の青島ですが、確定申告だからか車も沢山止まっているし青島も混んでいました。
青島のチャーシューの量は作る方によってマチマチですが、この日はワンオペで客が絶えないせいか、やけくそみたいに沢山載っていて1000円でもお得感がありました。
ただ、チャーシューを重ねて増やすよりもほうれん草かねぎを増やした方がラーメンに合っていると思います。
その点において、粋翔の肉ジンジャーは肉を食べさせるために設計したラーメンだと確認出来ました。

f:id:pigumii:20220205124356j:plain

さらに、ちょび吉。
チャーシュー入りだった気がしますが、覚えていません。
こうして他と比べてみると、ちょび吉はマイペースな感じがします。また、少し古いラーメンになったとも。
古いから美味しくなくなった、というわけではありませんが、味とは無関係に少し前のラーメン感が足を引っ張っているように思いました。