新潟でのことブログ

ラーメンは食べ物

青島の券売機はタッチパネル式なのに迷わなくていい

万代の青島で青島ラーメンにほうれん草100円+ねぎ50円を食べました。
950円
明日からバスセンターのカレーが再開するというので見に行くとなぜかテレビカメラが。再開前から話題にするようです。
隣のラーチャン家は立派な看板がついてなんだかしっかりした作りに変わっていました。
ただ工事中で狭くなっているので当分食べることもなさそうです。
狭いのにテレビ局っぽい人が道を塞いでいて本気で蹴ろうかと思うくらいに狭いです。
というわけで月見バーガーを食べようかとも思いましたが青島へ。
青島の券売機は嫌いなタッチパネルのやつですがメニューもトッピングも一画面で表示されるのでわかりやすい。
階層になっているやつは本当にどうにかして欲しい。
青島ラーメンとほうれん草とねぎを付けました。
店内に入ると先客は女性のみ。女性客しかいないラーメン屋に入ったのは初めてかもしれません(もしかしたら万代の風伯であったかもしれません)。
そして私の次の客もまた女性。
もしかしたら女性専用青島に迷い込んだのかと思いましたが、その後は男性客も。
ただ、食べている間も女性客は入ってきたようで出る時には男女比は1:1程度でした。
青島は女性に解放されたラーメン店なのでしょう。
というわけでラーメン登場。

f:id:pigumii:20200917112102j:plain
青島ラーメン+ねぎ+ほうれん草

ねぎは50円ならこのくらいかなぁという程度ですが、ほうれん草は100円だからかかなり多い。
この日は生姜の風味がほどよく、スープは少し甘く感じましたが概ね万代の青島だなぁという感じ。
やっぱり青島はラーメンを食べてる感があっていいです。
それにトッピングの種類。ネギ、ほうれん草、海苔、チャーシュー、というのがいい。
味玉やワンタンも好きですが、基本的に味玉もワンタンもラーメンに載っているから美味しいというわけじゃなく単体でも美味しい。
対してネギ、ほうれん草、海苔はラーメンに載っているから美味しい。これらはラーメンの基礎点を上げる要素になっている。
つまり青島は付加価値ではなく基礎点が高い(基礎点を高くしやすい)ラーメンと言える。

八は安定して美味しい

八で濃厚煮干し中華を食べました。
820円
食べたのはちょっと前、遠い台風のフェーン現象で暑い日でした。というわけで、しょっぱそうなラーメンでも食べようと思い。
どこでもよかったのですが、濃そうな八へ。
近くの吉野家は閉めちゃうし、その先のゆで太郎も。車は沢山通りますが、食べるタイミングで通らない道路なのでしょうか。
八へ入ると、まだ11時ちょっと過ぎなのにそこそこの入り。
券売機は色々なボタンがありますが、案外目が滑らずそれぞれのメニューが把握出来ます。
平日ランチタイムはご飯サービスということで付けてもらいました。前日、お米を食べていなかったことと塩分補給でスープを沢山飲むために米があった方がいいかなという判断です。
というわけでラーメン登場。
f:id:pigumii:20200827113528j:plain
チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔、魚粉。
麺は中太でここの系列らしいしなやかなもの。
チャーシューは部位を変えた二枚。色は赤くありませんがどちらも低温調理っぽい食感で美味しいです。
これならチャーシュー追加でもと思うくらい。
メンマはやたらと入っています。
ドンキのお店でも濃厚煮干しみたいのをやっていたと思いますが、そちらはやたらと甘かった気がします。こちらは普通というか期待通りというか、よくあるというか。そういう味。
食べ物に関しては期待を裏切ることが正解とは言えないでしょう。ありそうな味を期待して期待通りのありそうな味で問題ないと思います。
午後から流れる汗を考えていつもよりスープを沢山飲みました。

リニューアルした笑星のつけ麺を早く食べて

笑星で味噌つけ麺を大盛で食べました。
大盛無料880円
えぼしから笑星に変わって初めて行きました。
メニューが変わっただけかと思っていましたが券売機の位置などが変わり製麺室も。
笑星で検索してみると使われていそうな当て字ですが案外少ないので、いいのを見つけたと思います。
競合が少ない店名がいつまで枯渇せずに続くのかわかりませんが、日本は漢字がある分まだまだ余裕がありそうです。
さて、わかりやすくなった券売機でつけ麺のボタンを。
リニューアル後初なので普通の味噌をと思ったのですが、前日の夜につけ麺が食べたくてコンビニに冷凍つけ麺を買いに行くか迷って行かなかったのでつけ麺を選択。
それに前はつけ麺なかったし。
コロナ対策なのか、全然解けない知恵の輪はなくなっていました。
その代わりに衝立状のシールドに貼ってある拘りを読んでいるとつけ麺登場。

f:id:pigumii:20200907113150j:plain

ネギ、チャーシュー、味玉半分。
麺は食感強めのほぼストレートの中太。
衝立の紙には加水率40%とありましたが、そこまで高い感じはしません。つけ麺にありそうな感じです。
量は360g位でしょうか。丼の底にはザル状のものはなく(水はしっかりときってあります!)底まで全部麺なので結構多いです。
つけダレは味噌感が凄くよく出ています。ペタペタする感じもなく食感を悪くする過度なザラザラもなし。
私はネギが合うラーメンは美味しいラーメンだと考えていますが、つけ麺でネギ増しにしたいと思ったのは初めてかもしれません。
今のネギは辛みがつよいのでそれがいいのかもしれませんし、冬の甘いネギも合うのかもしれません。まだ笑星になってから冬を迎えていないのでわかりませんが、夏のネギがよくあうつけ麺です。
でもつけ麺を頼んでいる人は他にいなかったようです。
伝説のジャッキーなみに美味しいつけ麺でした。